スイスのカスタムカーブランドがアジア拠点設立

2012.12.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLS AMG」がベースのカスタムカー「Jetstream」の前で、ポーズをとる「FAB DESIGN」代表のローランド・リュザネック氏と、発表会に出席した女優の内田有紀さん。
スイスのカスタムブランドがアジア拠点を設立

スイスの高級カスタムカーブランド「FAB DESIGN」がアジア拠点を設立

高級車のカスタムやドレスアップを手掛ける「FAB DESIGN(ファブデザイン)」(本社:スイス フンツェンシュヴィール)は2012年12月10日、アジア地域への本格的な進出に向け、2013年をめどに東京に「FAB DESIGN ASIA」を設立すると発表した。

「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン」をベースに「FAB DESIGN」がドレスアップを施したカスタムカー「Desire」。
スイスのカスタムブランドがアジア拠点を設立

「FAB DESIGN」とは、「Fascinating Automobiles at their Best(ドライバーを魅了する最高の車)」をテーマに、プレミアムカーのカスタム、チューニングを手掛けるスイスのメーカーである。

手掛ける車種はメルセデス・ベンツの「SLS AMG」や「SLRマクラーレン」、「ポルシェ・カイエン」などで、販売台数はいずれのモデルも10台限定。またすべての部品がTÜV(ドイツ技術検査協会)の検査に合格する精度を備えている。

日本での事業については、これまで正規代理店を通して行われていたが、このほどアジア進出も視野に入れた「FAB DESIGN ASIA」の設立を決定。日本を皮切りに、韓国、台湾、シンガポールなどでもサービスを開始する予定だ。

同社は2013年1月12日に開幕する「東京オートサロン2013」に出展予定で、各販売車種の価格などはそこで発表される。

(webCG)

→「FAB DESIGN ASIA」設立発表会のさらに詳しい写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。