【スペック】全長×全幅×全高=4275×1810×1535mm/ホイールベース=2610mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(162ps/6000rpm、24.5kgm/1400rpm)/燃費=11.3km/リッター(JC08モード)/価格=310万円(テスト車=347万円/クラブレザーシート=37万円)

シトロエンDS4シック(FF/6AT)【試乗記】

さよならセミオートマ 2012.12.14 試乗記 シトロエンDS4シック(FF/6AT)
……347万円

セダンの快適性とSUVの気持ちよさ、クーペのデザインを融合したというシトロエンのクロスオーバー「DS4」に、トルコン式6段AT仕様が登場。販売が継続される6段EGS仕様と比較して、その仕上がりを確かめた。

待望の“ふつうの”AT

これは日本市場にとって待望だろう。「シトロエンDS4」に、いわゆる普通のオートマチックモデルが追加された。PSA(プジョー・シトロエン)では最新の、アイシン第2世代の6段型。この6ATモデルのフットワークチューンやトリムグレードはこれまでの2ペダルセミAT(6段エレクトロニック・ギアボックス・システム=6EGS)と同様の「シック」となり、つまり、DS4ではトランスミッションの異なる2台のシックが、しばらく併売されることになるという。

エンジンも既存の2モデルと基本的に同じ直噴ツインスクロールターボだが、厳密に言うと、これまでにない専用チューンとなっている。プレスリリースの言葉を借りれば「トランスミッションとのマッチングを考慮したプログラミング変更」だそうで、従来の6EGS(やその他のPSAの同エンジン車)の156psより6psアップの162ps。最大トルク24.5kgmは変わりないが、その発生回転数が1400rpm(156ps版のそれは1400-3500rpm)となった。純粋に数字だけで考えれば「最高出力を引き上げたかわりに、トルクバンドがせまくなった」ということになるが、まあ、この程度の数字のちがいは、私も含めた一般人はほぼ体感できないと思う。

繰り返しになるが、新しい6ATと既存の6EGSはともに同じ“シック”というトリムグレードなので、トランスミッション以外に実質的な差異はない。ただし、機械レイアウトの都合なのか、パーキングブレーキ形式がこの6ATのみ電気式から機械式に変更になっていて、見慣れたパーキングブレーキのレバーが復活。巨大なコンソール収納がなくなるなど、センターコンソールの風景はちょっとフツーになってしまった。

あと、6EGSのシックでは装着不可だったシートヒーター付き各種レザーシート(今回の試乗車はクラブレザーシートがついていた)が、同じシックでも新しい6ATではオプションで選べるようになった。

今回の6段AT車の追加により、「DS4」は「シック 6EGS」「シック 6AT」「スポーツシック」の3グレード構成に。
今回の6段AT車の追加により、「DS4」は「シック 6EGS」「シック 6AT」「スポーツシック」の3グレード構成に。
インパネまわりに大きな変更点はない。インテリアでの6AT仕様と6EGS仕様との違いは、機械式サイドブレーキの採用によるセンターコンソールまわりの造形だ。
インパネまわりに大きな変更点はない。インテリアでの6AT仕様と6EGS仕様との違いは、機械式サイドブレーキの採用によるセンターコンソールまわりの造形だ。
「シック 6AT」の追加と併せて、今回新たなオプションとして「クラブレザーシート」を「スポーツシック」と「シック 6AT」に設定。この2グレードには「ツートーンブラン」「ツートーンルージュ」と呼ばれるツートンカラーのレザーシートも用意される。
「シック 6AT」の追加と併せて、今回新たなオプションとして「クラブレザーシート」を「スポーツシック」と「シック 6AT」に設定。この2グレードには「ツートーンブラン」「ツートーンルージュ」と呼ばれるツートンカラーのレザーシートも用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】ホンダ、「クラリティ フューエルセル」のPHEV版とEV版を出展 2017.3.9 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年3月8日(現地時間)、2017年ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12日~23日)への出展概要を発表した。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る