【スペック】全長×全幅×全高=4374×1801×1282mm(数値はすべて欧州仕様車)/ホイールベース=2475mm/車重=1320kg/駆動方式=MR/2.7リッター水平対向6DOHC24バルブ(265ps/6700rpm、28.6kgm/4500-6500rpm)/燃費=12.2km/リッター(NEDCモード)/価格=584万円(テスト車=850万3000円)

ポルシェ・ボクスター(MR/6MT)【試乗記】

最も楽しめるポルシェ 2012.12.10 試乗記 ポルシェ・ボクスター(MR/6MT)
……850万3000円

ポルシェのオープンスポーツカー「ボクスター」が3代目に進化。その仕上がりや、いかに? 巨匠 徳大寺有恒が吟味した。

ポルシェ・ボクスター(MR/6MT)【試乗記】の画像
3代目となる新型「ボクスター」のインテリア。ポジションの調整幅を増やすなどして居住性の向上を図りつつ、スポーティーな包まれ感も演出したという。「ヨッティングブルー」と呼ばれる青いインテリアカラーは、25万5000円のオプション。
3代目となる新型「ボクスター」のインテリア。ポジションの調整幅を増やすなどして居住性の向上を図りつつ、スポーティーな包まれ感も演出したという。「ヨッティングブルー」と呼ばれる青いインテリアカラーは、25万5000円のオプション。
こちらは、文中にある「ボクスター・コンセプト」。1993年のデトロイトショーに出展された、量産以前のコンセプトモデルである。
こちらは、文中にある「ボクスター・コンセプト」。1993年のデトロイトショーに出展された、量産以前のコンセプトモデルである。

ポルシェの理想をかなえるモデル

松本英雄(以下「松」):今日はポルシェの新しい「ボクスター」、といっても日本デビューから半年近くたってしまいましたが、それに乗りましょう。
徳大寺有恒(以下「徳」):たしか「ボクスター」は先代にも乗ったよな。あれは去年だっけ?

松:僕もそう思っていたんですが、調べてみたら2010年の12月でしたから、ほぼ2年前になるんですよ。
徳:そんなにたつのか。そりゃこっちも年をとるわけだ。
松:その2年前の先代ボクスターのインプレッションで、巨匠は過去に自分でポルシェを所有したことはない、って言ってましたよね。
徳:ああ、言ったかも。

松:ところがあの記事が出たとたんに、『webCG』の執筆者数名から連絡がきまして。名は挙げませんが、かつて自動車専門誌『NAVI』の編集記者だった人たちです。(笑)
徳:それで、なんだって?
松:巨匠は少なくとも1台、白い「911カレラ」を所有していたはずだと。俺は借りて乗ったことがある、という人もいましたね。
徳:そうかい。しかしよく覚えているなあ。本人が忘れているのに。
松:そこで感心されても……まあいいか。(笑)

徳:ところで、ボクスターは現行モデルで3代目になるのかな?
松:そうです。初代の誕生が1996年、2代目が2004年、そして3代目が今年ですから、8年のモデルサイクルで世代交代していることになりますね。
徳:すると初代のデビューは16年も前になるのか。
松:印象に残っていることはありますか?

徳:市販化される前、最初にデトロイトに出たコンセプトカーがあったろ? あれがよかったんだよ。コンパクトで、シルバーに塗られていて、ジェームス・ディーンが事故死したときに乗っていたことで知られる市販レーシングカーの「550スパイダー」や、純レーシングスポーツの「RS60」を思い起こさせた。
松:はいはい、ありましたねえ。

1954年からデリバリーされた市販レーシングカーの「550スパイダー」から発展し、60年に登場したコンペティションマシンの「RS60」。鋼管フレームにアルミボディーをかぶせ、1.5/1.6リッターの空冷DOHCフラット4をミドシップ。同年のルマンでクラス1、2位を占めた。
1954年からデリバリーされた市販レーシングカーの「550スパイダー」から発展し、60年に登場したコンペティションマシンの「RS60」。鋼管フレームにアルミボディーをかぶせ、1.5/1.6リッターの空冷DOHCフラット4をミドシップ。同年のルマンでクラス1、2位を占めた。
「ポルシェ・ボクスター」シリーズは、ベーシックな「ボクスター」と、より高い動力性能を持つ「ボクスターS」の二本立て。今回は前者をテストした。
「ポルシェ・ボクスター」シリーズは、ベーシックな「ボクスター」と、より高い動力性能を持つ「ボクスターS」の二本立て。今回は前者をテストした。

徳:市販型は少し大きくなって、ちょっと雰囲気が変わっていたけど、乗ってみたらよかったな。長年にわたって911を作り続け、「924/944」や「928」なども作ってはみたものの、やはりポルシェはスポーツカーの理想的なレイアウトであるミドシップを作りたかったんだな、と思ったよ。
松:911のほうがパワーはあるけれど、スポーツカーとしてのダイナミック性能は、ミドシップであるボクスターやケイマンのほうが高いと、私も常々思っています。

徳:そうだろう? 911を振り回すのは、それはそれで楽しんだけどさ、あれでゆっくり走ると、途端につまらなくなるんだよ。
松:GTとしては、いいんですけどね。というところで、そろそろクルマを見ましょうか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
ホームへ戻る