スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場

2012.12.06 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ BLACK&WHITE II」
スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場

「スズキ・ソリオ」に特別仕様車「BLACK&WHITE II」登場

スズキは2012年12月6日、小型乗用車「ソリオ」の特別仕様車「BLACK&WHITE II」を発売した。


スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場

今回のモデルは、2011年11月に登場した「BLACK&WHITE」に続く、黒と白を基調に内外装をコーディネートした特別仕様車の第2弾だ。

ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール3」と「パールホワイト」の2色で、フロントグリルやヘッドランプにチタン色を採用。リアコンビネーションランプのリフレクターにはメッキが施され、ガンメタリック塗装のバックドアガーニッシュや15インチアルミホイール、LEDウインカー付きドアミラー、白色のLEDイルミネーションなども備えられる。

一方インテリアでは、シルバーステッチを施した本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、ピアノブラック調のインパネセンターガーニッシュなどを装備。ルームミラーカウルは白と黒のチェック柄となっている。

またシートには、背もたれと座面の中央部分に黒とグレーのチェック柄を施した専用表皮を採用。フロアマットも黒とグレーのチェック柄だ。

このほかにも、車両の施錠と連動して自動で閉じるリモート格納ミラーや、運転席シートヒーターなどを全車に装備。オプションでオートライトシステム付きディスチャージヘッドランプ、挟み込み防止機構付き後席右側パワースライドドア、ステアリングオーディオスイッチも用意される。

価格はFF車が157万5000円、FFのアイドリングストップ搭載車が166万9500円、4WD車が169万4700円となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ(FF/CVT)/ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.17 試乗記 スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」がフルモデルチェンジ。新設計のプラットフォームによる大幅な軽量化や、さらなる高効率パッケージの実現、新開発のエンジンにマイルドハイブリッドシステムの搭載など、トピック満載の新型の実力を試した。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッド:合理的で美しい 2015.11.5 自動車ニュース 第44回東京モーターショーにおいて、スズキブースの片隅に展示された青いコンパクトワゴン。一見するとただの「ソリオ バンディット」なのだが、実はこれ、スズキが独自に開発中のハイブリッドカーなのだ。いかにも“スズキらしい”その機構の特徴を解説する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る