スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場

2012.12.06 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ BLACK&WHITE II」
スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場

「スズキ・ソリオ」に特別仕様車「BLACK&WHITE II」登場

スズキは2012年12月6日、小型乗用車「ソリオ」の特別仕様車「BLACK&WHITE II」を発売した。


スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場

今回のモデルは、2011年11月に登場した「BLACK&WHITE」に続く、黒と白を基調に内外装をコーディネートした特別仕様車の第2弾だ。

ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール3」と「パールホワイト」の2色で、フロントグリルやヘッドランプにチタン色を採用。リアコンビネーションランプのリフレクターにはメッキが施され、ガンメタリック塗装のバックドアガーニッシュや15インチアルミホイール、LEDウインカー付きドアミラー、白色のLEDイルミネーションなども備えられる。

一方インテリアでは、シルバーステッチを施した本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、ピアノブラック調のインパネセンターガーニッシュなどを装備。ルームミラーカウルは白と黒のチェック柄となっている。

またシートには、背もたれと座面の中央部分に黒とグレーのチェック柄を施した専用表皮を採用。フロアマットも黒とグレーのチェック柄だ。

このほかにも、車両の施錠と連動して自動で閉じるリモート格納ミラーや、運転席シートヒーターなどを全車に装備。オプションでオートライトシステム付きディスチャージヘッドランプ、挟み込み防止機構付き後席右側パワースライドドア、ステアリングオーディオスイッチも用意される。

価格はFF車が157万5000円、FFのアイドリングストップ搭載車が166万9500円、4WD車が169万4700円となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る