【スペック】レクサスCT200h“バージョンL”:全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/燃費=26.6km/リッター(JC08モード)/価格=433万円(テスト車=482万1400円)

レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】

上を目指して、ゆっくり歩け 2012.12.09 試乗記 レクサスCT200h“バージョンL”(FF/CVT)/IS350C“Fスポーツ”(FR/6AT)/IS F“サーキット・クラブ・スポーツ・パーツ”(FR/8AT)
……482万1400円/687万4200円/1608万885円

最近のレクサスの口ぐせは“スポーティー”。ついにはコンバーチブルの「IS C」にまで「Fスポーツ」仕様が加わった。オールラインナップ試乗会で気になる3台に乗り、レクサスが主張する「スポーツ」についてあらためて考えた。

柔らかいのは悪いことか

レクサスのハイブリッド専用車種である「CT200h」は、2年ほど前の発売直後から評判が高く、私自身も好印象を抱いていた。パワートレインはご存じのように「プリウス」と基本的に同一、すなわち1.8リッター4気筒エンジン(99ps)とモーター(82ps)を組み合わせ、トータルで136psのシステム最高出力を発生するTHSIIだが、もちろん単にボディーを着せ替えただけの車ではなく、そのかっちりとした身のこなしとしなやかな乗り心地は、レクサスであることを納得させるに十分な仕上がりだった。
この点が同じくハイブリッド専用車の「HS」とは大きな違いであり、その辺りをユーザーがちゃんと見極めていることは、これまでの販売台数に正直に表れていると言えるだろう。モデルチェンジ直後の「GS」を別にすれば、CTはSUVの「RX」と並びレクサスで一番ポピュラーな車、国内で一番売れているモデルなのだ。

実はこのCT200hも8月末にマイナーチェンジを受け、若干の改良が加えられている。まずセンターコンソールとラゲッジルームにAC100V/1500Wのアクセサリーソケットが新たに設けられた。ハイブリッド車を非常時に発電機としても使用できるようにという配慮である。また、サスペンションの特性もよりしなやかな乗り味を実現すべく見直されたという。
ただし、従来型との差異を明確に感じることはできなかった。むしろ試乗した「バージョンL」でも十分に引き締まっており、きびきびした反応、タイトなインテリアと相まって“スポーティー感”は過剰なほど。欧州のコンパクト勢よりずっと急(せ)かされている感じがする。

本音を言えばもっとソフトで、くつろげる感じが欲しい。何しろ、上質さを追求したコンパクトなハイブリッドモデルは他に見当たらない。スポーティーさを押し出すことで間口を狭めるのではなく、誰でもサラリと乗れるプレミアムコンパクトは貴重な存在だと思う。このCTもいずれはスピンドルグリルを与えられ、もっと強く自己主張することを求められるのだろうか?

「レクサスCT」は2012年8月に一部改良を受け、最上級の「バージョンL」では助手席4Way調整式パワーシートが標準装備となった。
「レクサスCT」は2012年8月に一部改良を受け、最上級の「バージョンL」では助手席4Way調整式パワーシートが標準装備となった。
AC100Vのコンセントがオプション設定された。センターコンソールとラゲッジルーム(写真)に設定され、合計で1500Wまでの使用が可能。
AC100Vのコンセントがオプション設定された。センターコンソールとラゲッジルーム(写真)に設定され、合計で1500Wまでの使用が可能。
【テスト車のオプション装備】205/55R16 91Vタイヤ&16×6Jアルミホイール=−3万7800円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/オーナメントパネル バンブー=3万1500円/アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)=6万3000円/本木目+本革ステアリング=4万9350円/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万5250円/寒冷地仕様=2万3100円
【テスト車のオプション装備】205/55R16 91Vタイヤ&16×6Jアルミホイール=−3万7800円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/オーナメントパネル バンブー=3万1500円/アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)=6万3000円/本木目+本革ステアリング=4万9350円/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万5250円/寒冷地仕様=2万3100円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスIS300h“Fスポーツ”/IS250“バージョンL”/IS350“Fスポーツ”【試乗記】 2013.6.21 試乗記 「真の“走る楽しさ”の体現」をキーワードに開発された新型「IS」。同モデル初のハイブリッド「300h」からトップグレード「350」まで、最新レクサスの走りを試した。
  • レクサスIS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.10.14 試乗記 レクサスのスポーティーセダン「IS」に、レクサスにとって2番目となるダウンサイジングターボを搭載した「200t」が追加された。ターボチャージャーを自製したという、こだわりの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載したFRセダンの実力やいかに?
  • レクサスIS250“Fスポーツ”(FR/6AT)【試乗記】 2013.8.19 試乗記 2.5リッターV6エンジンを積んだ「レクサスIS250“Fスポーツ”」に試乗。人気を集める「IS300h」の4気筒ハイブリッドにはない、マルチシリンダーならではの魅力に触れた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
ホームへ戻る