第274回:「メルセデス・ベンツAクラス」×「アニメ」で思い出した、わがCMオタク人生

2012.12.07 エッセイ

第274回:「メルセデス・ベンツAクラス」×「アニメ」で思い出した、わがCMオタク人生

メルセデスのトランスポーターがラーメン屋台!?

東京郊外で育ったボクにとって、憧れのひとつに「号外」があった。ブレイキングニュースがあるとき、新聞社が都心の街頭で配布する、あれである。先日の東京滞在中、生まれて初めて「号外で〜す!」の声を聞いた。秋葉原でのことである。興奮のあまり配布係の若者から、むしり取るようにして1部を手に入れた。ところが読んでみると、ユーミンこと松任谷由実の新アルバム発売の告知だった。こうしたタイプの号外を「PR号外」というらしい。
実はもうひとつのPR号外に遭遇した。2013年1月から販売がスタートする「メルセデス・ベンツAクラス」の新型の予告である。

すでにご覧になった方も多いと思うが、なんとアニメーションだ。キャラクターデザインを手がけているのは、『新世紀エヴァンゲリオン』などを手がけている貞本義行。制作は『攻殻機動隊』などで知られるProduction I.Gという、豪華作品だ。若年ユーザーへの訴求を狙った大胆な手法だが、実は従来のクルマ好きもうならせる仕掛けがスペシャルムービーに登場する。

ラーメン屋台が、なんと1950年代中期の「メルセデス・ベンツ ウーレンハウト トランスポーター」なのである。それも何の注釈もなく登場させているところが粋といえる。ボクは、自動車のパブリシティーが新しい時代に突入したのに立ち会った興奮を感じた。

ということで、今回は自動車CMのお話である。

新型「メルセデス・ベンツAクラス」のオリジナルアニメ誕生を知らせる読売新聞のPR号外。
第274回:「メルセデス・ベンツAクラス」×「アニメ」で思い出した、わがCMオタク人生
1999年「ランチア・リブラ」と俳優ハリソン・フォード。
第274回:「メルセデス・ベンツAクラス」×「アニメ」で思い出した、わがCMオタク人生

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。