クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4425×1695×1495mm/ホイールベース=2600mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.2リッター直3DOHC12バルブ(79ps/6000rpm、10.8kgm/4400rpm)/燃費=22.6km/リッター(JC08モード)/価格=169万8900円(テスト車=174万6150円/SRSカーテンエアバッグシステム=4万7250円)

日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】

真面目さの中に隠し持つ胆力 2012.12.17 試乗記 日産ラティオ G(FF/CVT)
……174万6150円

オーソドックスなコンパクトセダン、新型「ラティオ」の実力を試した。

見捨てたもんじゃない

頭にクソが付くほど真面目なクルマだ、新型「ラティオ」。
見た目の雰囲気はかなり地味で、はっきり言ってオジサン向きだが、ナメたらいかんぜよ、中身はけっこう逞(たくま)しい。
「もう年だから無意味なけんかは買わないが、いざとなったら黒帯はだてじゃない。昔取った杵柄(きねづか)で、チンピラの一人や二人」みたいな胆力も隠し持っている。日産の中庸路線、なかなか見捨てたもんじゃないのである。

全長4425mm、全幅1695mmと5ナンバー枠におさまるラティオは、2012年10月5日の新型発売までは「ティーダラティオ」と名乗っていた。
その名の通り先代「ティーダ」との双生児で、あちらが5ドアハッチバックだったのに対し、こちらはオーソドックスにトランクを突き出した3ボックスの4ドアセダン。
「仕事用のライトバンみたい」とハッチバックを敬遠する中高年の声に合わせ、ちゃんと一本立ちしたセダンであることを強調する意味もあり、この新型から単にラティオと呼ばれることになった。
少し先立ってモデルチェンジした「ノート」とプラットフォームの大部分を共用するが、ことさらセダンらしさを漂わせる点では、対ティーダの場合と似ている。

写真のカーナビはディーラーオプションの「MC312D-W」(19万9506円)
写真のカーナビはディーラーオプションの「MC312D-W」(19万9506円) 拡大
内装色は全グレードともブラックとなる。
内装色は全グレードともブラックとなる。 拡大
後席のニースペースは十分な広さが確保されている。
後席のニースペースは十分な広さが確保されている。 拡大
 
日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

全体を貫く「無理のなさ」

全体を貫く好印象のもとは「無理のなさ」に尽きる。
普通のセダンとしてまとめられたにしては、前席はもちろん後席も無理なく広い。身長173cmのドライバーが楽な運転姿勢を取った後ろで、膝の前にはげんこつ3個ぶんを超える空間が残るし、敷居も柱の付け根も乗り降りの邪魔になりにくい。
目の前に大きなヘッドレストがあっても、後席からの見晴らしは広く、不快な閉所感は薄い。ただしシート自体は、サイズは十分にしても全体的に平板だし、後席中央にヘッドレストがないのが残念だ。
この後席バックレストは折り畳めないが、トランクは驚くほど広い。折り畳めないだけでなく、車室との間に分厚い遮音壁があるので、パッセンジャーの頭の後ろから路面やタイヤのノイズも入って来ない。
常に軽くザワ〜ッと聞こえるのは、べつにタイヤが喧(やかま)しいわけではなく、クルマ全体が静かなことによる相対的な現象だ。

走行感覚は、普通に走ればごく普通。これまでの4気筒1500cc(109ps)より大幅に縮小された3気筒1198ccの79ps(「マーチ」とも同じ)だが、数字から受ける先入観よりはるかに元気。
無駄に限界を追わず、低・中速域を太らせたのは、実用車として健康な考え方だ。
めいっぱい踏んでCVTの変速比を低めに抑えたまま6000rpm以上のリミット近くまで引っ張れば、高速道路の追い越し車線で大幅な違反車を追い上げることも可能。その状態でもザラついたエンジン音にはならない。

強いて難を指摘すれば、発進がやや鋭すぎることぐらいか。こんなにポンと出ず、意識的にアクセルを深めに踏ませてジワッと走りだす方が、主なターゲットである中高年ドライバーの心のリズムに合うはずだ。
中高年といえば、そろそろ老眼に悩む世代。それに対しては計器盤のデザインが細かく、燃費など副次的な表示も読みにくい。慣れの問題ではあるが、思い切ってデジタル表示にするのも効果的だろう。

 
日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
搭載されるエンジンは1.2リッター直3DOHC12バルブ。79psと10.8kgmを発生する。
搭載されるエンジンは1.2リッター直3DOHC12バルブ。79psと10.8kgmを発生する。 拡大
荷室の容量は490リッター。後席背面は固定式となっている。
荷室の容量は490リッター。後席背面は固定式となっている。 拡大
 
日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

けっこう機敏な操縦性

操縦性も常識そのもの……と言いたいところだが、良い意味で予想外。
その気で攻めると、けっこう機敏だったりする。おとなしく流しているぶんには、ほとんど印象らしきものはない。つまり全体が自然に仕上がっている。
しかしペースを上げるにつれてステアリングの反応などシャープさを増し、クッと切ると同時に鼻先もクッと動く。
さりとて不安を抱かせるタイプではなく、だらだら外側に膨らんだりしないので、あまり運転が得意ではないオジサン&オバサンでも、無意識のうちに希望のラインをたどれている。
万が一の緊急回避的なアクションでも、後輪は確実にグリップを保ち、最低限なんとかかんとか踏みとどまれそうだ。
乗用車としての乗り心地は、昔ながらの感覚の持ち主には、わずかに硬く感じられるかもしれない。しかし“hard”というより“firm(しっかりした)”という方が適切で、半日でも付き合えばクルマとの一体感を味わえるようになる。

そんなラティオは、「大人の夫婦が旅するセダン」なんだとか。
子離れして二人きりの暮らしに戻ったら、ぜひラティオをどうぞというわけか。
なんとなく定年退職後のイメージが漂うが、古女房と近県の温泉でも周遊するには最適かもしれない。
そんな走行パターンを想定した結果の燃費(レギュラーガソリン)は、追い越し車線の速いペースや大渋滞も含んだ高速道路で17km/リッター以上、すいた観光ツーリングで22km/リッター以上、東京郊外の一般道で16km/リッター前後、だらだら流れる都市高速で20km/リッター以上、混んだ都心で12km/リッター以上と、どんな交通環境でも上々の経済性を示した。

こんなルーミーなボディーにわずか1.2リッターでしっかり走ることができ、小排気量らしい低燃費も両立。今や世界の潮流となったダウンサイジング路線に、日産はしっかり波長を合わせている。
じっくり地道に売れ続けてほしいと思う。

(文=熊倉重春/写真=郡大二郎)

 
日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
装着されるタイヤのサイズは前後とも175/70R14。
装着されるタイヤのサイズは前後とも175/70R14。 拡大
全車にアイドリングストップ機構を採用。JC08モードの燃費値は22.6km/リッターを記録する。
全車にアイドリングストップ機構を採用。JC08モードの燃費値は22.6km/リッターを記録する。 拡大
 
日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
ラティオ日産試乗記

あなたにおすすめの記事