【スペック】全長×全幅×全高=4655×1800×1680mm/ホイールベース=2670mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4SOHC16バルブ(169ps/6000rpm、22.4kgm/4200rpm)/燃費=14.4km/リッター(JC08モード)/価格=310万円(テスト車=同じ)

三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)【試乗記】

群雄割拠の時代を勝ち抜くために 2012.12.11 試乗記 三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)
……310万円

国産、輸入車問わず、無数のモデルがひしめき合う日本のミドルサイズSUV市場。激しい競争を勝ち抜くために新型「アウトランダー」が身に付けた魅力を探る。

2012年はミドルサイズSUVの当たり年

新型「三菱アウトランダー」の試乗会に向かいながら、「中ぐらいのサイズのSUV、はやってんな〜」とぼんやり思う。

「スバル・フォレスター」の試乗会に行ったばかりだし、そのちょっと前には同じくスバルの「インプレッサXV」に乗った。いやいや、そんなもんじゃない。「マツダCX-5」、「レンジローバー イヴォーク」、「アウディQ3」、「ホンダCR-V」、メルセデス・ベンツの「Mクラス」などなど、2012年が走馬燈(そうまとう)のようによみがえる。今年も早かったな〜、じゃなくて、今年はずいぶんとSUVに乗ったな〜。そういえば「アウディQ5」のマイチェンもあった。

どれくらいSUVがはやっているのか。手元の資料によれば2005年以降の7年間で、西ヨーロッパではSUVの販売台数が3倍にも増えているという。今じゃ乗用車の新車販売台数のうち、SUVが約1割を占めている。

このカテゴリーが盛り上がること自体は、別に悪いことではない。けれども、これだけ車種が増えると「ちょっと背が高くて、タフな性能とおしゃれなセンスが同居している」ぐらいでは目立たなくなるのも事実だ。

知り合いのおじさんサーファーが、こんな昔話を聞かせてくれたことがある。1970年代には、サーフィンをやっているというただそれだけの理由でモテたらしい。けれど、80年代のサーフィン人口の増加に伴い、「ハンサムなサーファーと、大会で表彰されるサーファーと、お金を持っているサーファーだけがモテるようになった」とのことだ。同じことがSUVにも言えるのではないか。

SUV群雄割拠のいま、三菱アウトランダーの魅力は何か。ということを考えていたら、試乗会場が目の前でした。

用意されるインテリアカラーはブラックのみ。インパネとドアトリムのオーナメントパネルはシルバーだが、「24G」を除く全グレードに、オプションで木目調も用意される。
用意されるインテリアカラーはブラックのみ。インパネとドアトリムのオーナメントパネルはシルバーだが、「24G」を除く全グレードに、オプションで木目調も用意される。
シート表皮はブラックのファブリックが全車共通。「24G」以外のグレードには本革シートもオプション設定。
シート表皮はブラックのファブリックが全車共通。「24G」以外のグレードには本革シートもオプション設定。
6:4分割のセカンドシートは全車250mmのスライド機構つき。ダブルフォールディングでフラットに格納できる。
6:4分割のセカンドシートは全車250mmのスライド機構つき。ダブルフォールディングでフラットに格納できる。
従来型より120mmも横方向のゆとりを増したサードシート。カップホルダーは右側のアームレストに2人分まとめて用意。
従来型より120mmも横方向のゆとりを増したサードシート。カップホルダーは右側のアームレストに2人分まとめて用意。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱、「アウトランダー」を一部改良し発売 2017.2.16 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月16日、SUV「アウトランダー」に一部改良を実施するとともに、新グレード「20Gナビパッケージ」を設定し、同年3月2日に発売すると発表した。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
ホームへ戻る