内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売

2012.12.05 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ F“Ciel”」(1.3リッター FF車)
「トヨタ・ヴィッツ F“Ciel”」(1.3リッター FF車)

内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売

トヨタ自動車は2012年12月5日、コンパクトカーの「ヴィッツ」に特別仕様車「F“Ciel(シエル)”」「F“SMART STOPパッケージ・Ciel”」を設定。販売を開始した。

今回の特別仕様車は、1リッターの「F」と1.3リッターの「F」「F“SMART STOPパッケージ」をベースに、インテリアを専用の仕立てとしたものだ。

シートにはスエード調表皮を採用。インテリアカラーはブラックとベージュの2色を用意しており、ブラックの場合はシフトレバーベゼルやオーディオクラスターパネルなどにピンクベージュの塗装を、ベージュの場合は同じくピアノブラックの塗装を施している。

またIR(赤外線)カット機能付きスーパーUVカットガラス(フロントドア)やスマートエントリー&スタートシステムなどを特別装備。1.3リッター車にはオートエアコンも備えられる。

ボディーカラーは特別色の「ボルドーマイカメタリック」「シルキーゴールドマイカメタリック」「ダークブルーマイカ」「ダークブラウンマイカメタリック」に、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラックマイカ」を加えた全6色。ボディーカラーと同色のカラードフロントグリルや、内装色に合わせた色の専用リアエンブレムも装備している。

価格は「F“Ciel”」が136万円から166万9000円、「F“SMART STOPパッケージ・Ciel”」が154万円と、ベース車から15万5000円から18万円高となっている。

(webCG)


内装にこだわった「ヴィッツ」の特別仕様車が登場
関連記事 ホームへ戻る