内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売

2012.12.05 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ F“Ciel”」(1.3リッター FF車)
「トヨタ・ヴィッツ F“Ciel”」(1.3リッター FF車)

内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売

トヨタ自動車は2012年12月5日、コンパクトカーの「ヴィッツ」に特別仕様車「F“Ciel(シエル)”」「F“SMART STOPパッケージ・Ciel”」を設定。販売を開始した。

今回の特別仕様車は、1リッターの「F」と1.3リッターの「F」「F“SMART STOPパッケージ」をベースに、インテリアを専用の仕立てとしたものだ。

シートにはスエード調表皮を採用。インテリアカラーはブラックとベージュの2色を用意しており、ブラックの場合はシフトレバーベゼルやオーディオクラスターパネルなどにピンクベージュの塗装を、ベージュの場合は同じくピアノブラックの塗装を施している。

またIR(赤外線)カット機能付きスーパーUVカットガラス(フロントドア)やスマートエントリー&スタートシステムなどを特別装備。1.3リッター車にはオートエアコンも備えられる。

ボディーカラーは特別色の「ボルドーマイカメタリック」「シルキーゴールドマイカメタリック」「ダークブルーマイカ」「ダークブラウンマイカメタリック」に、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラックマイカ」を加えた全6色。ボディーカラーと同色のカラードフロントグリルや、内装色に合わせた色の専用リアエンブレムも装備している。

価格は「F“Ciel”」が136万円から166万9000円、「F“SMART STOPパッケージ・Ciel”」が154万円と、ベース車から15万5000円から18万円高となっている。

(webCG)


内装にこだわった「ヴィッツ」の特別仕様車が登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る