トヨタ、プレミオとアリオンの装備を充実

2012.12.05 自動車ニュース

トヨタ、「プレミオ」と「アリオン」の装備を充実

トヨタ自動車は2012年12月4日、ミドルサイズセダンの「プレミオ」と「アリオン」に改良を施し、販売を開始した。

今回の改良では、エンジンの燃焼効率の向上やフリクションの低減などにより、全てのグレードで燃費を改善。最も燃費の良い1.5リッターのFF車では、18.2km/リッター(JC08モード)を記録する。

ラインナップも見直され、「プレミオ」には「1.5F“EXパッケージ”」、「アリオン」には「A15“G-plusパッケージ”」「A18“G-plusパッケージ”」、「A20“LEATHERパッケージ”」が新設定された。

これらのパッケージ車には、ディスチャージヘッドランプや本革巻き+木目調ステアリングホイール、オートエアコン、オプティトロンメーター、スマートエントリー&スタートシステムなどを標準装備。「アリオン」の「A20“LEATHERパッケージ”」にはパーフォレーション&ギャザー仕様の本革シートも備えられている。

さらに、「プレミオ」の「1.5F“EXパッケージ”」「1.8X“EXパッケージ”」と「2.0G“SUPERIORパッケージ”」、「アリオン」の「A15“G-plusパッケージ”」「A18“G-plusパッケージ”」と「A20“LEATHERパッケージ”」には、フロントドアのスーパーUVカットガラスやナノイーを追加。1.5リッターと1.8リッターの非パッケージ車を除く全仕様に、ステアリングスイッチが標準装備された。

このほかにも、光沢のある木目調パネルの採用や、シート表皮の質感向上、内装色の変更などを実施。ボディーカラーには新色のクリアーストリームメタリック、アビスグレーメタリック(プレミオのみ)が採用された。

価格は「プレミオ」が171万円から273万円、「アリオン」が170万円から268万円。

(webCG)

「アリオンA15“G-plusパッケージ”」
「アリオンA15“G-plusパッケージ”」 拡大
「プレミオ1.5F“EXパッケージ”」
「プレミオ1.5F“EXパッケージ”」 拡大

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • ハイブリッドの新型「トヨタ・センチュリー」発売 2018.6.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月22日、フルモデルチェンジした高級サルーン「センチュリー」の販売を開始した。3世代目となる新型は、5リッターV8エンジンをベースとするハイブリッドシステムを搭載する。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る