「VWトゥアレグ」が安全装備を強化

2012.12.04 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」が安全装備を強化

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年12月4日、大型SUVの「トゥアレグ」に搭載される安全装備を強化し、販売を開始した。

「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」にはこれまでも、レーダーにより車両前方を監視し先行車両への追突の危険をドライバーに警告、衝突に備えてシートベルトを巻き上げたり、ドライバーのブレーキ操作をアシストしたりする「Front Assist」というシステムが採用されていた。

今回の改良では、そこに全速度域で作動する追突回避・軽減ブレーキシステムを追加。あらゆる速度域で先行車両への追突被害を軽減できるようになったほか、30km/h未満での先行車両への追突を回避、ないし被害を軽減することが可能となった。

なお、今回の改良に合わせてシステムの名称も「Front Assist Plus」に変更。「トゥアレグハイブリッド」に標準装備、「トゥアレグV6ブルーモーションテクノロジー」にもオプションで用意される。

このほかにも、新たにドライバー疲労検知システムの「Fatigue Detection System」が全グレードに標準装備となった。このシステムは、車速65km/h以上での走行中に、ドライバーのステアリング操作などを監視。疲労や眠気による急ハンドルなど、通常と異なる動きを検知した場合、メーター内の表示と警告音でドライバーに休憩を取るよう促すものである。

価格は「トゥアレグV6ブルーモーションテクノロジー」が623万円、「トゥアレグハイブリッド」が898万円と、従来から据え置きとなっている。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・トゥアレグハイブリッド」
「フォルクスワーゲン・トゥアレグハイブリッド」
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る