【スペック】全長×全幅×全高=5080×1900×1475mm/ホイールベース=3070mm/車重=2100kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(320ps/5800rpm、45.9kgm/1300-4500rpm)/燃費=14.2km/リッター(JC08モード)/価格=1198万円(テスト車=1308万1000円)

BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】

静寂がもたらす新世界 2012.12.07 試乗記 BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)
……1308万1000円

「7シリーズ」のマイナーチェンジを機に、「アクティブハイブリッド7」が大きく進化した。1モーター2クラッチ方式のフルハイブリッドカーとなった新型の走りはいかに。

1モーター2クラッチ方式に集約

BMWのハイブリッド戦略は、ちょっとわかりづらかった。
最初に登場したのは「アクティブハイブリッド7」(以下、「AH7」と表記)で2009年10月の受注開始。これはメルセデスと共同開発したマイルドハイブリッドを採用しており、最高出力20psのモーター1基を積んでいた。続いてリリースされたのが「アクティブハイブリッドX6」。こちらは91psと86psという2基のモーターを搭載する2モード・アクティブトランスミッションを採用していたが、その開発はBMWとメルセデス、そしてGMの3社共同で行われた。

BMWのハイブリッド第3弾は、2011年の東京モーターショーでワールドプレミアとなった「アクティブハイブリッド5」(以下、「AH5」と表記)で、こちらは55psのモーターを搭載する1モーター2クラッチのパラレル方式を採用。つまり、前述のAH7やアクティブハイブリッドX6とは別物の、BMWとして3番目のハイブリッド方式が登場したのである。

去る9月26日に発表された新型AH7は、このAH5のパワートレインをそっくりそのまま移植している。さらに付け加えれば、「アクティブハイブリッド3」(以下、「AH3」と表記)のパワートレインも同じ。いっぽう、初代AH7が新型に置き換わったことで、マイルドハイブリッドはすでに消滅。残る2モード・アクティブトランスミッションについては、BMW本社のクラウス・ドレーガー副社長が「機械損失が大きく、効率が高いとはいえない」と語っているので、こちらも消滅の運命にあると見ていい。つまり、これまでわかりにくかったBMWのハイブリッド戦略は、ここにきて1モーター2クラッチのパラレル方式に集約されつつあるのだ。

ちなみに、このハイブリッドシステムは8段ATともどもギアボックスメーカーのZFから供給される。ZFは、BMWやアウディなどで幅広く採用されている8段ATと同じ寸法のユニットにハイブリッドのメカニズム一式を収めた“ハイブリッドお手軽キット”を開発。BMWのAH3、AH5、そしてAH7に加え、「アウディA6ハイブリッド」などが、このZF製ハイブリッドシステムを採用している。

マイルドハイブリッドからフルハイブリッドへ。最長4kmを、最高60km/hでモーター走行できるようになった。
マイルドハイブリッドからフルハイブリッドへ。最長4kmを、最高60km/hでモーター走行できるようになった。
LEDヘッドライトはマイナーチェンジの目玉装備のひとつ。ライトリングもLEDで、ロービームとして機能する。
LEDヘッドライトはマイナーチェンジの目玉装備のひとつ。ライトリングもLEDで、ロービームとして機能する。
エンジンは従来の4.4リッターV8ターボ(エンジン単体出力は449ps)から3リッター直6ターボ(同320ps)に改められ、燃費が14.2km/リッター(JC08モード)に向上した。
エンジンは従来の4.4リッターV8ターボ(エンジン単体出力は449ps)から3リッター直6ターボ(同320ps)に改められ、燃費が14.2km/リッター(JC08モード)に向上した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 740i(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.9 試乗記 BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」がモデルチェンジを受けた。新機軸を多数搭載した“電子仕掛けの旗艦”は、その走りをどこまで進化させたのだろうか。ラインナップのベーシックグレード「740i」に試乗した。
ホームへ戻る