プジョーが小型SUV「2008」公開【パリサロン2012】

2012.09.13 自動車ニュース

【パリサロン2012】プジョーが小型SUV「2008」を公開

仏プジョーは2012年9月27日に開幕するパリモーターショーで、小型SUV車「2008コンセプト」を公開する。

「2008コンセプト」は、いわゆるBセグメントサイズの小型SUV車。ボディーサイズは全長4.14×全幅1.74m。「機敏さ、コンパクトさ、多様性、そして際立ったスタイリングを併せ持つクルマ」という車両コンセプトが掲げられており、「都市を愛し、一方で都市から逃れるのを好む、心の若い都市生活者」をターゲットにするとのことだ。単なるコンセプトに終わることなく、これをベースにした世界戦略車が、フランス、中国、ブラジルの3工場で量産される予定。

このコンセプトカー自体は、同社のダウンサイズ戦略にのっとり、1.2リッター直3のガソリンターボエンジンを搭載するという想定。

(webCG 竹下)

「プジョー2008コンセプト」
「プジョー2008コンセプト」
 
プジョーが小型SUV「2008」公開【パリサロン2012】の画像
 
プジョーが小型SUV「2008」公開【パリサロン2012】の画像
 
プジョーが小型SUV「2008」公開【パリサロン2012】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 第3回:プジョー2008 CROSSCITY 2016.4.26 特集 都会でも、アウトドアでも映えるクロスオーバーモデル「プジョー2008」に、特別仕様車の「クロスシティ」が登場。カタログモデルからさらに高められたオフロード性能と、専用にコーディネートされた内外装が織り成す魅力に触れた。
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 特集 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
ホームへ戻る