走りだした「スマート」(8/14)

1998.08.14 自動車ニュース
 
 
980814_021.gif

走りだした「スマート」(8/14)

全長2.5メートルのマイクロミニ「スマート」の試乗会が早くもバルセロナで開催された。600ccターボエンジンを積んだこの2シーター、アイディアはすばらしいが……。

デザインは好みの問題もあるが、操縦安定性を確保するために四隅に大きく張り出したタイヤをもつ造形はスタイリッシュとは言いがたい。そのぶんキャビンはおとな二人が乗っても窮屈な思いをしない。インテリアは冒険的なデザインで、都会的なオーナー向けといえる。

「スマート」には基本的に2種類のバリエーションがある。45psの「スマート&ピュア」と55psの「スマート&パルス」である。ともにエンジンは600ccの3気筒プラスターボだが加給圧の違いによってパワーに差が出ている。トランスミッションはセミオートマチック6段のシークエンシャルで、45psバージョンではオートマチックの設定がないためややせわしないシフト操作が要求される。55psモデルには「ソフタッチ」と呼ばれるオートマチックポジションが追加されているのだ。

トリディオンとよばれる強固なフレームをもつ「スマート」の車重は720kgであるから、市内ではアンダーパワーの感じはない。回転を上げてもリアの床下にあるエンジンのノイズは聞こえてこない。

乗り心地は1812mmとコンパクトなホイールベースとやや固めにセットされたサスペンションのため快適とは言いがたい。そのいっぽう郊外のワインディングロードではハンドリングを楽しむことが出来たが。

ベーシックモデルである「ピュア」には1万6480マルクという価格がつけられている。これが商業的な成功に結びつくかどうか。同じ金額でフル4シーターのミニセダンが買えるからだ。

たんに新しいコミューターを望んでいるひとたちにも、ターボ付きのガソリンエンジンしか提供されないというのも考えものだ。さらに駐車場など「スマート」のサイズを活かせるインフラが整っていないのもちょっと気になる。

アイディアもコンセプトもすばらしいのだが、またほんのちょっと未熟児のまま誕生してしまった赤ちゃんといった気がしないではない。近い将来に代替燃料で走れるようになれば、すばらしいモデルになる可能性があるが。リポート=木村宏(モータージャーナリスト)

 
 

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 「スマート・フォーフォー」の一部仕様・装備が変更 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、「スマート・フォーフォー」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、コーナリングライト機能の追加と、一部グレードにセンターアームレストが装備された。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
ホームへ戻る