ハイエースシリーズ、一部変更(8/14)

1998.08.14 自動車ニュース
 
 
980814_020.gif

ハイエースシリーズ、一部変更(8/14)

トヨタ自動車は「ハイエースシリーズ」に変更を施し、8月6日より発売した。「ハイエースバン」は新エンジン搭載等のマイナーチェンジ、「ハイエースワゴン」は快適装備が追加された。

大きな変更が加えられたのが「ハイエースバン」だ。ラインナップの見直しがされて、AT車、ガソリン車、4WD車の設定車型が拡大されたのが最大の特徴だ。さらに、グリルやフロントバンパーの意匠が変更され、3リッターディーゼル5Lを新たに搭載、ABSやデュアルエアバッグも一部グレードに標準あるいはオプション設定となった。

「ハイエースワゴン」は、助手席側からも全ドアのロック、アンロックが出来るドアキー連動電気式ドアロックが標準装備された。さらに電動リモコン式メッキアウターミラーがオプションで設定された。「デラックス」ではシート表皮がファブリックとなり質感が増しとメーカーではしている。

さらに「ハイエースワゴン」特別仕様車として「リビングサルーンEX」が設定された。「スプリームパールトーニング」というパール系2トーンの外板色を採用し、それとカラーキーしたドアハンドル、濃色ブロンズ熱線反射ガラス、木目調インストルメンタルパネル、コンライトなどを装備している。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化 2016.6.2 自動車ニュース トヨタがワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良。アクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用したほか、「ワゴン」と「コミューター」にVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールなどを標準装備した。
  • トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車も 2014.12.16 自動車ニュース トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」を改良。2015年1月6日に発売する。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る