ハイエースシリーズ、一部変更(8/14)

1998.08.14 自動車ニュース
 
 
980814_020.gif

ハイエースシリーズ、一部変更(8/14)

トヨタ自動車は「ハイエースシリーズ」に変更を施し、8月6日より発売した。「ハイエースバン」は新エンジン搭載等のマイナーチェンジ、「ハイエースワゴン」は快適装備が追加された。

大きな変更が加えられたのが「ハイエースバン」だ。ラインナップの見直しがされて、AT車、ガソリン車、4WD車の設定車型が拡大されたのが最大の特徴だ。さらに、グリルやフロントバンパーの意匠が変更され、3リッターディーゼル5Lを新たに搭載、ABSやデュアルエアバッグも一部グレードに標準あるいはオプション設定となった。

「ハイエースワゴン」は、助手席側からも全ドアのロック、アンロックが出来るドアキー連動電気式ドアロックが標準装備された。さらに電動リモコン式メッキアウターミラーがオプションで設定された。「デラックス」ではシート表皮がファブリックとなり質感が増しとメーカーではしている。

さらに「ハイエースワゴン」特別仕様車として「リビングサルーンEX」が設定された。「スプリームパールトーニング」というパール系2トーンの外板色を採用し、それとカラーキーしたドアハンドル、濃色ブロンズ熱線反射ガラス、木目調インストルメンタルパネル、コンライトなどを装備している。

 
 

関連キーワード:
ハイエースワゴントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ハイエース」の安全性能がアップ 2017.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月22日、一部仕様を変更したワンボックスモデル「ハイエース」および「レジアスエース」を発表した。同年12月1日に販売が開始される。
  • トヨタ、新型「ハイエースワゴン」を発売 1999.7.8 自動車ニュース トヨタ自動車は、「ハイエースワゴン」をマイナーチェンジし、7月5日より発売した。エンジンのトルクアップや装備の充実などからなる。新型「トヨタハイエースワゴン」においては、これまでより豪華になり、装備が充実した。外観および内装の意匠の変更、装備の追加、一部エンジンのスペック変更、安全装備の充実などが特徴としてあげられる。外観はボディフロント部が50ミリ延長され、新意匠のフロントグリルおよびバンパーの採用で級械(広報資料)が強調された。さらにヘッドランプをはじめとする灯火類がマルチリフレクタータイプとなった。外板色も「エレガントパールトーニング」をはじめ、新たに3色が追加された。内装においては、フロントシートのスライド量が45ミリ増したことをはじめ、キーオフ後作動機能付パワーウィンドウや、新意匠のステアリングホイールなどが新たに採用された。「スーパーカスタムリミテッド」には、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、オプティトロンメーター、家庭用電化製品が使用できる100V電源ソケット、キャプテンシートタイプのセカンドシートなどが今回、採用されている。エンジンでは、3リッターディーゼルターボエンジン(1KZ-TE)に水冷式インタークーラーが追加され、最大トルクが33.8kgm(これまでは29.5kgm)に高まった。さらに最新の排出ガス規制にも適合するようになったという。安全装備としては、ワイドビューミラー、撥水ガラスのウィンドシールド(一部モデル)、プリテンショナーおよびフォースリミッター付フロントシートベルトなどの採用が新しい。グレードは、「デラックス」(東京213.2万円〜)、「スーパーカスタム」(同256.3万円〜)、「スーパーカスタムG」(同280.3万円〜)、「スーパーカスタムリミテッド」(同348.5万円〜)がそれぞれ後輪駆動と4輪駆動に設定されている。またハイルーフスーパーロングという「グランドキャビンG-p」(同351.9万円)と「同G-e」(同343.4万円)が後輪駆動に設定されている。ずいぶんキラキラになってしまった「ハイエースワゴン」であった。しかしホントにユーザーはこういうものを求めているのだろうか? それともニーズというのは与え手が作り出すものなのか? ウーン。(Web CG オガワ)
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • 日産、「フェアレディZヘリテージエディション」を発売 2018.3.19 自動車ニュース 日産自動車は2018年3月19日、「フェアレディZ」のモデルラインナップに「Heritage edition」を追加設定し、同年5月11日に発売すると発表した。価格は6段MT車が408万0240円、7段AT車が415万8000円。
ホームへ戻る