メルセデスGバーゲン新車種発売(8/10)

1998.08.10 自動車ニュース
 
 
980810_013.gif

メルセデスGバーゲン新車種発売(8/10)

エーエムジージャパン株式会社はメルセデスベンツの4輪駆動車ゲレンデバーゲンに新車種を10月1日より追加する。5リッターV8エンジンを搭載する「G500」をはじめとする4車種で、価格は1070.0万円からだ。

G500はメルセデスのクロスカントリービークルであるゲレンデバーゲンのラインナップの頂点に位置するモデルで、今回日本に導入されるのは3車種。「G500」(1070.0万円)「G500ロング」(1170.0万円)「G500カブリオ」(1150.0万円)だ。

いずれも新世代V8をエンジンと、フルタイム4輪駆動システムの組み合わせとなっている。S500などと共通のこのエンジンは気筒あたり3つのバルブに2つのスパークパラグをもつ軽量ユニットで、最高出力は300psを発生する。メーカー好評の最高速は200km/hだ。

装備の面では18インチアルミホイール、ウッド&レザーステアリングホイール、シートヒーター内蔵本革シート、電動スライディングルーフなどが標準で用意されている。

同時にエーエムジージャパンでは「G320」のラインナップの値上げを実施する。「ドイツマルク高騰」が理由と説明される今回の値上げ率は平均4.5パーセント。ベーシックグレードの「G320」で現行の750.0万円から790.0万円となる。さらに「G320ロング」は850.0万円から890.0万円に、「G320カブリオ」は840.0万円から870.0万円になる。

同時にAMGがチューニングを担当した超ド級のゲレンデバーゲン「G55」も新規導入される。モータースポーツ部門をはじめダイムラーベンツと結びつきの深いAMGでは、現行の「E55」と同じ5.5リッターV8をG500に搭載、足まわりなどをスポーティにセッティングしている。

 
 

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGクラス 2018.1.15 画像・写真 独ダイムラーは2018年1月15日、新型「Gクラス」を発表した。実車は米国デトロイトで開催される2018年北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)で一般公開される。その姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」の会場から 2018.1.15 画像・写真 独ダイムラーは2018年1月14日(日本時間1月15日)、米国ミシガン州アナーバーで「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」を開催し、新型「Gクラス」を発表した。その様子を写真で紹介する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る