メルセデス、C200ワゴンを新発売(8/5)

1998.08.05 自動車ニュース
 
 
980805_008.gif

メルセデス、C200ワゴンを新発売(8/5)

メルセデスベンツ日本株式会社は「C200ステーションワゴン」を追加設定、8月3日より発売した。価格は400.0万円だ。

より広い購買層へのアピールをねらった「C200ステーションワゴン」は、既存のC240ステーションワゴン(490.0万円)の下に位置するモデルだ。エンジンは1998cc4気筒DOHCで、136psの最高出力を発生する。組み合わせられるトランスミッションは電子制御5段オートマチックとなる。

最大1510リッターという積載量をほこるワゴンボディのサイズは、全長×全幅×全高=4525×1720×1460mmで、ホイールベースは2690mmだ。

クルーズコントロール&可変スピードリミッターをはじめ、ピンチガード付ワンタッチパワーウィンドウ、電動可倒式ドアミラー、リモコン式集中ドアロック、メタリックペイント、テレスコピック調整機能付ステアリングホイール、クライメートコントロール、カーボンルックパネル、6スピーカーカセットステレオが標準装備される。

安全装備としては、ABSをはじめ、ブレーキアシスト、ASR(アクセレレーションスキッドコントロール)、前席左右エアバッグ、フロントサイドエアバッグ、フォースリミッター&プリテンショナー付シートベルト、助手席シートセンサー、チャイルドセイフティセンサーといったものが標準で備わる。

 
 

関連キーワード:
Cクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(メルセデス・ベンツ) 2017.12.4 画像・写真 メルセデス・ベンツが4ドアクーペの新型「CLS」を世界初公開! LAショーの会場より、燃料電池車の「GLC F-CELL」や “公道を走るF1マシン”こと「メルセデスAMG ONE」などとともに、その詳細な姿を写真でリポートする。
  • ニューヨークショー2018(メルセデス・ベンツ) 2018.4.12 画像・写真 メルセデス・ベンツはニューヨークショー2018の会場にて、改良された新型「Cクラスカブリオレ」を発表。同時に「Sクラスクーペ」やメルセデスAMGの「C63」「G63」そして「GT」の4ドアクーペなどを展示した。各車両を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
ホームへ戻る