タミヤ、インプレッサWRC仕様発売(8/5)

1998.08.05 自動車ニュース
 
 
980805_006.gif

タミヤ、インプレッサWRC仕様発売(8/5)

田宮模型は24分の1スケールプラスチック組立てモデル「スバルインプレッサWRC’98モンテカルロ仕様」を発売した。特徴的な夜間用ライトポッドも装着可能だ。価格は1800円。

インプレッサは1995年から1997年にかけて世界ラリー選手権(WRC)でメーカーチャンピオンを獲得してきたクルマだ。今回のモデルは、1998年シーズン緒戦のモンテカルロ(あいにく最高位はマクレーの3位だったけれど)で活躍した車両がベースになっている。

モデルでは室内のロールケージ、ダッシュボードをはじめ細部まで入念に仕上げられているという。さらにアンダーガードは透明部品を用いており、精巧に再現されたサスペンションが眺められるようになっている。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る