タミヤ、インプレッサWRC仕様発売(8/5)

1998.08.05 自動車ニュース
 
 
980805_006.gif

タミヤ、インプレッサWRC仕様発売(8/5)

田宮模型は24分の1スケールプラスチック組立てモデル「スバルインプレッサWRC’98モンテカルロ仕様」を発売した。特徴的な夜間用ライトポッドも装着可能だ。価格は1800円。

インプレッサは1995年から1997年にかけて世界ラリー選手権(WRC)でメーカーチャンピオンを獲得してきたクルマだ。今回のモデルは、1998年シーズン緒戦のモンテカルロ(あいにく最高位はマクレーの3位だったけれど)で活躍した車両がベースになっている。

モデルでは室内のロールケージ、ダッシュボードをはじめ細部まで入念に仕上げられているという。さらにアンダーガードは透明部品を用いており、精巧に再現されたサスペンションが眺められるようになっている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る