プジョー206、デビュー(7/24)

1998.07.24 自動車ニュース
 
 

プジョー206、デビュー(7/24)

フランスのオートモビルプジョー社はコンパクトな新型車「プジョー206」を、今年9月から欧州で発売すると発表した。輸入元のインチケーププジョージャパン(株)では、来年の中頃には同車を日本で発売するとしている。

プジョー206は現行の106と306の中間に位置するモデルで、本国でのエンジンバリエーションは1.1リッターにはじまり、1.4リッター、1.6リッター(いずれもガソリン)となっている。ボディサイズは全長3.83メートル、全幅1.65メートルと比較的コンパクトだ。ただしプジョーでは「上級モデルに比肩しうる広い室内空間、豊富な標準装備と高級車の品質」をセリングポイントとしている。

プジョーでは、1999年中頃からはこの206をベースにしたラリーカーでもって世界ラリー選手権に参戦することも、併せて発表した。

日本に導入される206は、1.4リッターエンジン搭載車がメインになる模様だ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る