プジョー206、デビュー(7/24)

1998.07.24 自動車ニュース
 
 

プジョー206、デビュー(7/24)

フランスのオートモビルプジョー社はコンパクトな新型車「プジョー206」を、今年9月から欧州で発売すると発表した。輸入元のインチケーププジョージャパン(株)では、来年の中頃には同車を日本で発売するとしている。

プジョー206は現行の106と306の中間に位置するモデルで、本国でのエンジンバリエーションは1.1リッターにはじまり、1.4リッター、1.6リッター(いずれもガソリン)となっている。ボディサイズは全長3.83メートル、全幅1.65メートルと比較的コンパクトだ。ただしプジョーでは「上級モデルに比肩しうる広い室内空間、豊富な標準装備と高級車の品質」をセリングポイントとしている。

プジョーでは、1999年中頃からはこの206をベースにしたラリーカーでもって世界ラリー選手権に参戦することも、併せて発表した。

日本に導入される206は、1.4リッターエンジン搭載車がメインになる模様だ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
ホームへ戻る