プジョー206、デビュー(7/24)

1998.07.24 自動車ニュース
 
 

プジョー206、デビュー(7/24)

フランスのオートモビルプジョー社はコンパクトな新型車「プジョー206」を、今年9月から欧州で発売すると発表した。輸入元のインチケーププジョージャパン(株)では、来年の中頃には同車を日本で発売するとしている。

プジョー206は現行の106と306の中間に位置するモデルで、本国でのエンジンバリエーションは1.1リッターにはじまり、1.4リッター、1.6リッター(いずれもガソリン)となっている。ボディサイズは全長3.83メートル、全幅1.65メートルと比較的コンパクトだ。ただしプジョーでは「上級モデルに比肩しうる広い室内空間、豊富な標準装備と高級車の品質」をセリングポイントとしている。

プジョーでは、1999年中頃からはこの206をベースにしたラリーカーでもって世界ラリー選手権に参戦することも、併せて発表した。

日本に導入される206は、1.4リッターエンジン搭載車がメインになる模様だ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る