自動車画家、吉田秀樹展8月3日から(7/24)

1998.07.24 自動車ニュース

自動車画家、吉田秀樹展8月3日から(7/24)

フェラーリを描かせたらこのひと!と世界的に評価の高いパリ在住の画家、吉田秀樹氏の個展が開催される。会期は8月3日(月)から5日まで。会場は東京・銀座の昭和画廊だ。

今回の個展はヒストリックフェラーリを中心に約15点が展示される。ほとんどが新作だそうだ。

吉田秀樹氏は「CG」誌ともつきあいが長く、古いクルマに関して広いコネクションをもつ氏の協力のもとに、フランス車特集を編集したこともある。今回の個展では吉田氏所有のホンダS800をモチーフにした作品も展示される予定という。

昭和画廊の住所は東京都中央区銀座1-13-1京立ビル2階。目安としては銀座通りをセゾン劇場のところで昭和通り方面に曲がってしばらくいった右側となる。電話は03-3561-5670だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。