新型フォルクスワーゲンゴルフ発表(7/14)

1998.07.14 自動車ニュース
 
 

新型フォルクスワーゲンゴルフ発表(7/14)

フォルクスワーゲンジャパンは7月13日、4代目になった新型ゴルフを発表した。まずはCLi(4AT/250.0万円)、GLi(同/270.0万円)、GTI(5MT/285.0万円)が8月24日より発売される。

日本に導入される新型ゴルフのラインナップの特徴は、1)すべて4ドアで右ハンドル、2)エンジンは2種類、1.8リッター4気筒DOHC5バルブ(CLiとGLi)と1.8リッター4気筒DOHC5バルブ+ターボ(GTIとGTX)、3)当初はCLi、GLi、GTI(5MT)が導入されて1999年初頭よりGTI(4AT)とGTX(4AT)が追加される、ということになる。

ゴルフ?は従来型より45mm延長されて2515mmとなったホイールベースに、全長×全幅×全高=4155×1735×1455mmのボディをのせている。排気量は1.8リッターでもボディサイズは300ナンバーだ。ホイール径も大きくなったが、5.1mの最小回転半径は変わっていない。

CLiとGLiは125psユニットに4ATを組み合わせている点では共通だ。違いはGLiはシート形状がスポーツタイプになり、リモコン式集中ドアロック、マルチファンクションインジケーター、フォグランプといった装備を備えている点にある。前席左右エアバッグ、サイドエアバッグ、EBD(電子制御ブレーキ圧配分システム)付ABSといった安全装備は全車に標準だ。

あいかわらずクルマが売れていないのだけれど、アストラ、3シリーズに続いてゴルフと、わが国の輸入車市場に次々とカンフル剤が投与されはじめた。新型ゴルフがどんなクルマなのか、7月23日に弊社より別冊CG「New Golf & Volkswagens」(本体価格950円)が発売されるので、ぜひいちど手にとってみてください。……ちょっと宣伝くさくてスミマセン。ところで新型ゴルフ、乗ってすぐ感じるのは安全のマージンがうんと広がっているな、ということだ。従来型よりはるかにドライバーに信頼感を与えてくれる。GTIはワインディングロードよりはハイウェイのほうが向いている。速いし、静かだし、快適だ。マニュアルギアボックスのフィールも悪くない。でも個人的にはティプトロがあればなあ!と思う。この世に存在していないので、ないものねだりなのだが。(Web CGディレクター=小川フミオ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る