新型フォルクスワーゲンゴルフ発表(7/14)

1998.07.14 自動車ニュース
 
 

新型フォルクスワーゲンゴルフ発表(7/14)

フォルクスワーゲンジャパンは7月13日、4代目になった新型ゴルフを発表した。まずはCLi(4AT/250.0万円)、GLi(同/270.0万円)、GTI(5MT/285.0万円)が8月24日より発売される。

日本に導入される新型ゴルフのラインナップの特徴は、1)すべて4ドアで右ハンドル、2)エンジンは2種類、1.8リッター4気筒DOHC5バルブ(CLiとGLi)と1.8リッター4気筒DOHC5バルブ+ターボ(GTIとGTX)、3)当初はCLi、GLi、GTI(5MT)が導入されて1999年初頭よりGTI(4AT)とGTX(4AT)が追加される、ということになる。

ゴルフ?は従来型より45mm延長されて2515mmとなったホイールベースに、全長×全幅×全高=4155×1735×1455mmのボディをのせている。排気量は1.8リッターでもボディサイズは300ナンバーだ。ホイール径も大きくなったが、5.1mの最小回転半径は変わっていない。

CLiとGLiは125psユニットに4ATを組み合わせている点では共通だ。違いはGLiはシート形状がスポーツタイプになり、リモコン式集中ドアロック、マルチファンクションインジケーター、フォグランプといった装備を備えている点にある。前席左右エアバッグ、サイドエアバッグ、EBD(電子制御ブレーキ圧配分システム)付ABSといった安全装備は全車に標準だ。

あいかわらずクルマが売れていないのだけれど、アストラ、3シリーズに続いてゴルフと、わが国の輸入車市場に次々とカンフル剤が投与されはじめた。新型ゴルフがどんなクルマなのか、7月23日に弊社より別冊CG「New Golf & Volkswagens」(本体価格950円)が発売されるので、ぜひいちど手にとってみてください。……ちょっと宣伝くさくてスミマセン。ところで新型ゴルフ、乗ってすぐ感じるのは安全のマージンがうんと広がっているな、ということだ。従来型よりはるかにドライバーに信頼感を与えてくれる。GTIはワインディングロードよりはハイウェイのほうが向いている。速いし、静かだし、快適だ。マニュアルギアボックスのフィールも悪くない。でも個人的にはティプトロがあればなあ!と思う。この世に存在していないので、ないものねだりなのだが。(Web CGディレクター=小川フミオ)

 
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
ホームへ戻る