新型フォルクスワーゲンゴルフ発表(7/14)

1998.07.14 自動車ニュース
 
 

新型フォルクスワーゲンゴルフ発表(7/14)

フォルクスワーゲンジャパンは7月13日、4代目になった新型ゴルフを発表した。まずはCLi(4AT/250.0万円)、GLi(同/270.0万円)、GTI(5MT/285.0万円)が8月24日より発売される。

日本に導入される新型ゴルフのラインナップの特徴は、1)すべて4ドアで右ハンドル、2)エンジンは2種類、1.8リッター4気筒DOHC5バルブ(CLiとGLi)と1.8リッター4気筒DOHC5バルブ+ターボ(GTIとGTX)、3)当初はCLi、GLi、GTI(5MT)が導入されて1999年初頭よりGTI(4AT)とGTX(4AT)が追加される、ということになる。

ゴルフ?は従来型より45mm延長されて2515mmとなったホイールベースに、全長×全幅×全高=4155×1735×1455mmのボディをのせている。排気量は1.8リッターでもボディサイズは300ナンバーだ。ホイール径も大きくなったが、5.1mの最小回転半径は変わっていない。

CLiとGLiは125psユニットに4ATを組み合わせている点では共通だ。違いはGLiはシート形状がスポーツタイプになり、リモコン式集中ドアロック、マルチファンクションインジケーター、フォグランプといった装備を備えている点にある。前席左右エアバッグ、サイドエアバッグ、EBD(電子制御ブレーキ圧配分システム)付ABSといった安全装備は全車に標準だ。

あいかわらずクルマが売れていないのだけれど、アストラ、3シリーズに続いてゴルフと、わが国の輸入車市場に次々とカンフル剤が投与されはじめた。新型ゴルフがどんなクルマなのか、7月23日に弊社より別冊CG「New Golf & Volkswagens」(本体価格950円)が発売されるので、ぜひいちど手にとってみてください。……ちょっと宣伝くさくてスミマセン。ところで新型ゴルフ、乗ってすぐ感じるのは安全のマージンがうんと広がっているな、ということだ。従来型よりはるかにドライバーに信頼感を与えてくれる。GTIはワインディングロードよりはハイウェイのほうが向いている。速いし、静かだし、快適だ。マニュアルギアボックスのフィールも悪くない。でも個人的にはティプトロがあればなあ!と思う。この世に存在していないので、ないものねだりなのだが。(Web CGディレクター=小川フミオ)

 
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る