BMW、新型3シリーズ発売(7/8)

1998.07.08 自動車ニュース
 
 

BMW、新型3シリーズ発売(7/8)

ビーエムダブリュー株式会社は、7月7日、新型「3シリーズ」を発表した。車種は「318i」(5MT 358.0万円/4AT 368.0万円)と「328i」(5ATステップトロニック 518.0万円)。販売開始は9月という。

5シリーズとのつながりを濃厚に感じさせるスタイリングをもった新型は、2725mmのホイールベースに、全長×全幅×全高=4471×1739×1415mmの4ドアボディを載せている。サスペンションは前マクファーソン・ストラット、後マルチリンクで、アルミ部材が多用されて軽量化がはかられている。

エンジンは「318i」には新開発の1895cc4気筒SOHC(118ps/5500rpm、18.3kgm/3900rpm)が、「328i」には2793cc直列6気筒DOHC(193ps/5500rpm、28.5kgm/3500rpm)が搭載される。2.8リッターユニットは従来のエンジンを改良したもので、「ダブルVANOS(可変バルブタイミングシステム)」を採用するなどして燃費改善と排ガス低減をはかり、2000年に欧州で施行が予定されている「EU3」の基準をクリアしているという。

安全装備の面ではABSやASC+T(トラクションコントロールシステム)をはじめ、CBC(コーナリングブレーキコントロール)、EBV(電子制御ブレーキ圧自動配分システム)が採用されたことが新しい。加えて受動的安全性も大幅に高められているのが特徴で、前席左右エアバッグに加えて、頭部保護機構も備えたサイドエアバッグ、さらにオプションで後席サイドエアバッグまで用意される。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
ホームへ戻る