オペルアストラにワゴンも登場(7/3)

1998.07.03 自動車ニュース
 
 

オペルアストラにワゴンも登場(7/3)

株式会社ヤナセは新型オペルアストラを発表、ハッチバックに加え、「ワゴンCD」も7月11日より発売する。価格は245.0万円だ。

「アストラワゴンCD」は同時発売されたアストラCD(ハッチバック)と1.8リッター4気筒DOHCエンジンを共用する。やはり4段ATで、右ハンドルのみの仕様だ。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4290×1710×1515mmで、ホイールベースは共通の2615mm。従来のワゴンより100mm延長されて、荷室スペースの拡大に貢献しているという。容量は通常時で480リッター。分割可倒式の後席バックレストによって、さまざまな積載状況に対応するそうだ。

価格についてヤナセでは「ドイツ本国で販売されている価格と比較して内外価格差のないボーダレス価格」としている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アストラワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る