オペルアストラにワゴンも登場(7/3)

1998.07.03 自動車ニュース
 
 

オペルアストラにワゴンも登場(7/3)

株式会社ヤナセは新型オペルアストラを発表、ハッチバックに加え、「ワゴンCD」も7月11日より発売する。価格は245.0万円だ。

「アストラワゴンCD」は同時発売されたアストラCD(ハッチバック)と1.8リッター4気筒DOHCエンジンを共用する。やはり4段ATで、右ハンドルのみの仕様だ。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4290×1710×1515mmで、ホイールベースは共通の2615mm。従来のワゴンより100mm延長されて、荷室スペースの拡大に貢献しているという。容量は通常時で480リッター。分割可倒式の後席バックレストによって、さまざまな積載状況に対応するそうだ。

価格についてヤナセでは「ドイツ本国で販売されている価格と比較して内外価格差のないボーダレス価格」としている。

 
 

関連キーワード:
アストラワゴンオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(FF/4AT)【試乗速報】 2005.1.26 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(FF/4AT)
    ……299万9500円

    オペル・アストラは、Cセグメントの強豪がひしめくヨーロッパで好評を博し、販売も好調らしい。日本でもハッチバックに続きステーションワゴンが導入された。『NAVI』編集委員鈴木真人が「実用車」の実力を速報する。


  • オペル・ベクトラワゴンCD(4AT)【試乗記】 2001.8.9 試乗記 オペル・ベクトラワゴンCD(4AT)
    ……314.0万円

    2001年3月8日から販売が開始された、オペルのいわゆる2001年モデル。中堅車種ベクトラの目玉は、排気量が拡大されたエンジン。2リッター直4は2.2リッターに、2.5リッターV6は2.6リッターに、それぞれ大きくなった。2.2リッターのベクトラワゴンに、自動車ジャーナリスト、河村康彦が乗った。


  • レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売 2018.4.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月5日、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC」に特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”を設定し、販売を開始した。
  • オペル・シグナム3.2(5AT)【ブリーフテスト】 2004.3.20 試乗記 ……433.5万円
    総合評価……★★★★

    「オペル・ベクトラセダン」のホイールベースを130mm延長して後席の居住スペースにあてた、ベクトラシリーズのトップグレード「シグナム」。ハッチバックのユニークなラクシャリーカーに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


ホームへ戻る