新型オペルアストラ「CD」、日本発売(7/3)

1998.07.03 自動車ニュース
 
 

新型オペルアストラ「CD」、日本発売(7/3)

株式会社ヤナセは新型「オペルアストラCD」を7月11日より発売すると発表した。従来とはかなりイメージが変わったハッチバックボディが特徴的だ。価格は230.0万円だ。

エンジンは新開発の1795cc4気筒DOHC16バルブユニットが搭載される。最高出力は115ps/5400rpm、最大トルクは17.3kgm/3400rpmだ。ギアボックスは電子制御4段ATとなる。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4110×1710×1420mmで、ホイールベースは2615mm(従来型プラス100mm)だ。車両重量は1210kgである。

ボディはねじれ剛性が従来型より1.8倍向上したとされている。12年間の錆穴保証もつけられる亜鉛メッキ鋼板を使用しているのも特徴だ。マクファーソン・ストラットのフロントサスペションはサブフレームを用いることで振動、騒音などの低減をはかったという。リアサスペンションはトレーリングアーム付トーションビームと形式こそ従来と同じだが、新型ではレイアウトを根本から見直して、性能を上げるとともに、トレーリングアーム、ホイールキャリア、ダンパーマウントという3つのユニット構成とすることで軽量化をはかっている。

能動的安全性の面ではABSの性能を上げるとともに、トラクションコントロールが標準装備とされている。受動的安全性の面では、ボディの構造をアップデートしていることに加え、前席デュアルエアバッグ、シート一体型サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルト、前面衝突時にブレーキペダルが室内に突出するのを防ぐフットプロテクションシステムなどが採用されている。

今回は「アストラワゴンCD」も同時発売された。

今回の新型アストラ発表の場でさかんに使われた表現がおもしろかった。「プレミアムコンパクト」。インポーターを務めるヤナセの稲山孝英代表取締役社長によると、サイズはコンパクトで機能、性能、品質をあげたモデルのことを指すのだそうだ。新型アストラはたしかに仕上げ、しっかり感、各部のデザイン処理などで従来型を大きくしのいでいる。「新型ゴルフはグッドだ。しかしアストラはベターだ」(オペルジャパン・インターナショナルテクニカルディベロップメントセンター・デピュティディレクター、ハーバート・シュルツ氏)と自信に満ちた発言もあるほどだ。もうひとつの特徴は、エモーショナルなスタイリング。ライバルのゴルフのパッケージングがこのクラスの基本になっているところがあるから、差別化をはかるといきおい感覚的な要素を少なからず取り込まざるをえないのかもしれない。しかしそうなると今度は流行商品におちいる危険性も出てくる。「新型アストラは日本車の“悪しき”影響をけっこう受けているなあ」という声も発表会会場で聞かれた。(WebCG=オガワ)

 
 
関連記事
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る