ボルボのオゾン低減型ラジエター(7/1)

1998.07.01 自動車ニュース

ボルボのオゾン低減型ラジエター(7/1)

スウェーデンのボルボカーコーポレーションは「触媒機能つき」ラジエターを開発した。空気中の有害オゾンの含有量を大幅に低減するというのがセリングポイントで、ニューモデル「S80」に来年春から採用するという。

 ボルボが「Prem Air Catalist System」とよぶこの新ラジエターは、表面に特殊な触媒コーティングをすることで、自動車の排ガス等によって生成される有害オゾンを含んだ空気を浄化するという。ボルボによると過去2年間にわたるテストの結果、このラジエターを通過するオゾンのおよそ7割が酸素に転化するそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。