AZ-ワゴン、新たに6機種を設定(6/29)

1998.06.29 自動車ニュース
 
 

AZ-ワゴン、新たに6機種を設定(6/29)

マツダ株式会社はワゴンタイプの軽乗用車「AZ-ワゴン」に新たな6機種を設定、6月18日から発売した。低価格車から高性能車までの幅広さがうたわれている。価格は2WD/5MT搭載「FM」の99.8万円から。

今回追加となるのは、低価格でおさえた「FM」、広い室内が自慢の「コラムFX」、スポーティさがうりの「RR-Fターボ」で、いずれも2WD車、4WD車があり全6機種となる。装備面では、「FX」にエアコン、パワステ、パワーウィンドウ、パワードアロック、キーレスエントリーなど実用的な面での充実をはかりつつ、2WD5MT車で100万円を切る価格を設定した。「コラムFX」はコラム式シフトレバーやフットパーキングブレーキを採用、さらに前席をベンチシートにすることで広い室内空間を実現している。また「RR-Fターボ」にはDOHCインタークーラーターボを搭載、さらに車高を10mm下げ、新デザインののフロントグリル、フロンとおよびリアアンダースポイラーなどの専用装備の採用でスポーティ感を高めたとされている。

ボディタイプはすべて5ドア。グレードは、「FM」(2WD5MT99.8万円/3AT105.3万円、4WD3AT115.0万円)、「コラムFX」(2WD3AT113.3万円、4WD3AT123.0万円)、「RR-Fターボ」(2WD4AT129.0万円、4WD3AT136.7万円)となる。全国のマツダオートザム系およびオートザム系販売店で販売中。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良 2014.12.26 自動車ニュース マツダが軽乗用車「キャロル」をモデルチェンジし、2015年1月に発売する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトX(FF/CVT)【試乗記】 2015.3.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。
  • マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成 2013.12.19 自動車ニュース マツダが、燃費を35.0km/リッターに改善した「キャロル エコ」を発売した。
  • マツダ、「AZ-ワゴン」「キャロル」をマイナーチェンジ 2000.12.19 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」(スズキ・ワゴンR)および「キャロル」(スズキ・アルト)をマイナーチェンジし、2000年12月18日から販売を開始した。両車ともに、マツダのブランドシンボルたる「ファイブポイントグリル」を採用したのが最大の特徴となる。「AZ-ワゴン」においては、一部グレードに大型マルチリフレクターヘッドランプ、全車に新意匠のバンパーを採用。さらに環境対策を施し、DOHCエンジンのNA車が低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)の認定を取得、ターボ車が同25パーセント低減レベル(良−低排出ガス)の認定を取得した。価格は、「FM」(2WD+5MT)の99.5万円から、「RR-TL」(4WD+4AT)の153.3万円まで。「キャロル」は、全車に新デザインの大型マルチリフレクターヘッドランプとバンパーを装着。「よりスタイリッシュなフロント周りにした」(マツダ)。また、リーンバーンエンジン搭載車を除く全車が、低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)を取得。リサイクル性の高いオールアルミ製のDOHCエンジンを全車に搭載したのも新しい。3ドア「ミレディ」(2WD+5MT)の73.8万円から、5ドア「ミレディエクストラ」(4WD+4AT)の110.5万円まで。(web CG 有吉)
ホームへ戻る