マツダMPVの特別限定車「タイプG-セブン」発売(6/29)

1998.06.29 自動車ニュース
 
 

マツダMPVの特別限定車「タイプG-セブン」発売(6/29)

マツダ株式会社は多目的乗用車「MPV」に特別限定車「タイプG-セブン」を追加し、6月24日から発売を開始した。2列目シートにセパレート式を採用し7人乗りになったことが大きな特長だ。価格は257.5万円からとなる。

この特別限定車は、より幅広い顧客のニーズに応えることが眼目とされている。ベースとなるのは量販機種である8人乗りの「タイプG-L」(2WD)と「グランツ タイプG-L」(4WD)。2列目シートをベンチ式からセパレート式に変更し、7人乗りとした。これにより、これまで上級機種でのみ採用していた7人乗り仕様をもっとも安価な2WD・2.5リッターガソリンエンジン車で実現可能となった。また装備面では、ボディ同色ドアミラー、カーボンファイバー調インストルメンタルセンターパネル、2WD車に215/65R15タイヤなどを採用し、高級感とスポーティ感を高めたとされている。

ラインナップは、2WDが2.5リッターガソリンで257.5万円、2.5リッターディーゼルターボが270.0万円、3リッターV6ガソリンが282.0万円。4WDは2.5リッターディーゼルターボのみで297.0万円。販売台数は700台の限定で、全国のマツダ系およびマツダアンフィニ系販売店を通じて販売されている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る