マツダMPVの特別限定車「タイプG-セブン」発売(6/29)

1998.06.29 自動車ニュース
 
 

マツダMPVの特別限定車「タイプG-セブン」発売(6/29)

マツダ株式会社は多目的乗用車「MPV」に特別限定車「タイプG-セブン」を追加し、6月24日から発売を開始した。2列目シートにセパレート式を採用し7人乗りになったことが大きな特長だ。価格は257.5万円からとなる。

この特別限定車は、より幅広い顧客のニーズに応えることが眼目とされている。ベースとなるのは量販機種である8人乗りの「タイプG-L」(2WD)と「グランツ タイプG-L」(4WD)。2列目シートをベンチ式からセパレート式に変更し、7人乗りとした。これにより、これまで上級機種でのみ採用していた7人乗り仕様をもっとも安価な2WD・2.5リッターガソリンエンジン車で実現可能となった。また装備面では、ボディ同色ドアミラー、カーボンファイバー調インストルメンタルセンターパネル、2WD車に215/65R15タイヤなどを採用し、高級感とスポーティ感を高めたとされている。

ラインナップは、2WDが2.5リッターガソリンで257.5万円、2.5リッターディーゼルターボが270.0万円、3リッターV6ガソリンが282.0万円。4WDは2.5リッターディーゼルターボのみで297.0万円。販売台数は700台の限定で、全国のマツダ系およびマツダアンフィニ系販売店を通じて販売されている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】 2002.5.15 試乗記 マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)
    ……308.8/329.3万円

    “バタ臭い”というか、どうも違和感を禁じ得ないマツダのTVコマーシャル。指を鳴らしながらジャジーに(?)歌ったり、車内でダンスのステップを踏んだり、「なんかズレてない?」と日頃感じているwebCG記者が、ビッグマイナーチェンジを受けたMPVに乗りに行った。


  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る