日産プレサージュ、新発売(6/24)

1998.06.24 自動車ニュース
 
 

日産プレサージュ、新発売(6/24)

日産自動車は高級感を強調したミニバン「プレサージュ」を発表、6月23日より発売した。価格は2.4リッター4気筒ガソリンエンジン搭載「CI」の189.8万円から。

予感を意味するフランス語からとられたという「プレサージュ」の特徴について日産では、「ミニバンの空間実用性に加え、従来のモデルでは無縁だった力強い走行性能を与えた」(開発を担当した第一商品開発室の松本主担)と説明する。先ごろトヨタが「ガイア」を発表したのに続き、堅調にセールスが推移しているRV市場をねらった商品がこの「プレサージュ」である。

全長×全幅×全高=4755×1770×1725(2.4リッター直4搭載車は1720)mmのボディをもったこのクルマに、エンジンは3種類用意されている。10/15モードでの排出ガス値を国内排出ガス規制値の10分の1に下げたLEVである3リッターV型6気筒DOHCのVQ30DE(220ps)を筆頭に、2.4リッター直列4気筒DOHCのKA24DE(150ps)、そして東京モーターショーのとき展示されていた「NEO Di」とよばれる2.5リッター直列4気筒DOHC直噴ディーゼルエンジンのYD25DDTi(150ps)である。とくにこの直噴ディーゼルは、40パーセントの燃費向上と30パーセントのCO2削減が謳われた目玉エンジンだ。

ボディの特徴としては、後席ドアが前ヒンジの乗用タイプとなっていることと、多機能性がうりものの3列シートが並んでいることがあげられる。乗車定員8名もセリングポイントのひとつになっている。

ラインナップはFWDが「CI」(KA24DE189.8万円)「CII」(KA24DE229.8万円/VQ30DE269.8万円/YD25DDTi254.8万円)「CIII」(259.8万円/299.8万円/284.8万円)となる。いっぽうビスカスカプリングを用いたフルタイム4WDは「CI」(KA24DE213.8万円)「CII」(KA24DE253.8万円/YD25DDTi278.8万円)「CIII」(KA24DE283.8万円/ YD25DDTi308.8万円)だ。

 
 

関連キーワード:
プレサージュ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化 2017.7.13 自動車ニュース 日産がワンボックス車「NV350キャラバン」をマイナーチェンジ。自動緊急ブレーキを全車標準装備としたほか、アラウンドビューモニターやバックドアオートクロージャーなどを新採用した。「Vモーショングリル」を強調した新しいデザインも特徴となっている。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る