日産プレサージュ、新発売(6/24)

1998.06.24 自動車ニュース
 
 

日産プレサージュ、新発売(6/24)

日産自動車は高級感を強調したミニバン「プレサージュ」を発表、6月23日より発売した。価格は2.4リッター4気筒ガソリンエンジン搭載「CI」の189.8万円から。

予感を意味するフランス語からとられたという「プレサージュ」の特徴について日産では、「ミニバンの空間実用性に加え、従来のモデルでは無縁だった力強い走行性能を与えた」(開発を担当した第一商品開発室の松本主担)と説明する。先ごろトヨタが「ガイア」を発表したのに続き、堅調にセールスが推移しているRV市場をねらった商品がこの「プレサージュ」である。

全長×全幅×全高=4755×1770×1725(2.4リッター直4搭載車は1720)mmのボディをもったこのクルマに、エンジンは3種類用意されている。10/15モードでの排出ガス値を国内排出ガス規制値の10分の1に下げたLEVである3リッターV型6気筒DOHCのVQ30DE(220ps)を筆頭に、2.4リッター直列4気筒DOHCのKA24DE(150ps)、そして東京モーターショーのとき展示されていた「NEO Di」とよばれる2.5リッター直列4気筒DOHC直噴ディーゼルエンジンのYD25DDTi(150ps)である。とくにこの直噴ディーゼルは、40パーセントの燃費向上と30パーセントのCO2削減が謳われた目玉エンジンだ。

ボディの特徴としては、後席ドアが前ヒンジの乗用タイプとなっていることと、多機能性がうりものの3列シートが並んでいることがあげられる。乗車定員8名もセリングポイントのひとつになっている。

ラインナップはFWDが「CI」(KA24DE189.8万円)「CII」(KA24DE229.8万円/VQ30DE269.8万円/YD25DDTi254.8万円)「CIII」(259.8万円/299.8万円/284.8万円)となる。いっぽうビスカスカプリングを用いたフルタイム4WDは「CI」(KA24DE213.8万円)「CII」(KA24DE253.8万円/YD25DDTi278.8万円)「CIII」(KA24DE283.8万円/ YD25DDTi308.8万円)だ。

 
 

関連キーワード:
プレサージュ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】 2012.7.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
    ……267万3300円

    発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。
  • 第466回:ボルボの“神話”はここで磨かれる
    スウェーデン・ヨーテボリの本社を訪問する
    2017.12.28 エディターから一言 創業以来、一貫して自動車の安全性の向上に尽力してきたボルボ。同社のセーフティーの基礎にはどのような考え方があるのだろうか。最近ボルボのもうひとつの特長となりつつあるデザイン分野と併せ、スウェーデン本社で“ふたつの神話”の磨き方を聞いた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る