日産プレサージュ、新発売(6/24)

1998.06.24 自動車ニュース
 
 

日産プレサージュ、新発売(6/24)

日産自動車は高級感を強調したミニバン「プレサージュ」を発表、6月23日より発売した。価格は2.4リッター4気筒ガソリンエンジン搭載「CI」の189.8万円から。

予感を意味するフランス語からとられたという「プレサージュ」の特徴について日産では、「ミニバンの空間実用性に加え、従来のモデルでは無縁だった力強い走行性能を与えた」(開発を担当した第一商品開発室の松本主担)と説明する。先ごろトヨタが「ガイア」を発表したのに続き、堅調にセールスが推移しているRV市場をねらった商品がこの「プレサージュ」である。

全長×全幅×全高=4755×1770×1725(2.4リッター直4搭載車は1720)mmのボディをもったこのクルマに、エンジンは3種類用意されている。10/15モードでの排出ガス値を国内排出ガス規制値の10分の1に下げたLEVである3リッターV型6気筒DOHCのVQ30DE(220ps)を筆頭に、2.4リッター直列4気筒DOHCのKA24DE(150ps)、そして東京モーターショーのとき展示されていた「NEO Di」とよばれる2.5リッター直列4気筒DOHC直噴ディーゼルエンジンのYD25DDTi(150ps)である。とくにこの直噴ディーゼルは、40パーセントの燃費向上と30パーセントのCO2削減が謳われた目玉エンジンだ。

ボディの特徴としては、後席ドアが前ヒンジの乗用タイプとなっていることと、多機能性がうりものの3列シートが並んでいることがあげられる。乗車定員8名もセリングポイントのひとつになっている。

ラインナップはFWDが「CI」(KA24DE189.8万円)「CII」(KA24DE229.8万円/VQ30DE269.8万円/YD25DDTi254.8万円)「CIII」(259.8万円/299.8万円/284.8万円)となる。いっぽうビスカスカプリングを用いたフルタイム4WDは「CI」(KA24DE213.8万円)「CII」(KA24DE253.8万円/YD25DDTi278.8万円)「CIII」(KA24DE283.8万円/ YD25DDTi308.8万円)だ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • 第5回:HOTでCOOLな「CTS-V」がわが家にやってきた!
    649psのスーパーセダンの週末性能を探る
    2017.3.17 特集 キャデラックCTSと過ごす毎日を、さまざまな角度からリポートする連載「キャデラックCTSセダン日常劇場」。今回の主役は「CTS-V」である。このスーパーセダンでwebCG編集部員が家族とドライブに出掛け、ファミリーカーとしての性能を探る!
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
ホームへ戻る