タミヤから24分の1ゴルフV5(6/23)

1998.06.23 自動車ニュース
 
 

タミヤから24分の1ゴルフV5(6/23)

田宮模型は24分の1スケールのプラスチックモデル「フォルクスワーゲンゴルフV5」を発売した。定価1800円。

今回モデル化されたのは2.3リッター狭角V型5気筒エンジンを搭載した、いわば新型ゴルフラインナップにおけるイメージリーダー的存在のモデルだ。

模型化にあたっては、パーツの一体化を進めて組み立てやすさが向上していうのがセリングポイントとなっている。エンブレム類は金属ステッカーを用いることで質感が追求されているのも、また魅力といえる。

 
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
ホームへ戻る