ゴルフ、累計生産台数が1800万台突破(6/23)

1998.06.23 自動車ニュース
 
 

ゴルフ、累計生産台数が1800万台突破(6/23)

ゴルフの累計生産台数が6月9日に1800万台を突破したと、ドイツのフォルクスワーゲン本社は発表した。

「1つのモデルがこれだけの台数を生産するのは自動車史上においても希に見る記録」とVWは言うが、実際のところこれは4モデルにまたがる歴代ゴルフの累計台数だ。1974年4月に初代が市場に導入されて以来、1976年には100万台を超え、1988年には1000万台(ゴルフ2)を、そして1994年には1500万台(ゴルフ3)を突破してきた。1800万台めとなったのはドイツ・ウォルフスブルグ工場で生産されている新型で、ボディ外板色はイメージカラーのジャズブルーだったそうだ。

「ゴルフが成功してきた理由は本来もっていた特徴を際立たせてきたため」とVWでは語っているが、たしかに基本的な車型はぜんぜん変えることなく、およそ四半世紀つくりつづけてきたというのは、スゴイことだと思う。BMWはコンパクト、オペルは新型アストラと、ゴルフが基本型だとすると、そこからちょっとズラした応用型のデザインでもって対抗しようとしているが、ゴルフはゆるがない。メーカーがすごいのか、飽きない消費者がすごいのか。それにしても山ほどあった和製ハッチバックはどこへ行ったのか。(WebCG=オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー 2017.4.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る