ホンダのレースマシン、テスト走行(6/22)

1998.06.22 自動車ニュース

ホンダのレースマシン、テスト走行(6/22)

ホンダのレースマシンのテスト走行会が、きたる7月21日(火)と22日(水)にツインリンクもてぎロードコースを使って開催される。入場料は1000円。

走行テストあるいはエンジン始動テストのいずれかに供されるマシンは、ホンダコレクションホールがレストアを進めてきたもので、二輪と四輪ともに用意される。

テストライダー/ドライバーも田中禎助(1959年マン島TTレースに参戦、125ccクラスで8位入賞)、北野元(1962年二輪世界選手権東ドイツGPで4位入賞)といった、往年の名選手が参加する予定だ。

走行マシンは、21日14:00からがブラバムホンダBT18とRA301、22日9:00からがRA300、S800レーサー(RSC)、クーパーT53クライマックス、同日14:00からがクーパーマーク?、ブラバムホンダBT16(RSC)となる。

エンジン始動マシンは、21日14:00からがラルトホンダRH6-84、マクラーレンホンダMP4/5、同MP4/6、レイナードホンダR971、22日9:00からがRA272、ウィリアムズホンダFW11、同日14:00からがロータスホンダ100T、ラルトホンダRT20(無限)、シビックSiレース仕様、NSXルマンレース仕様となっている。

二輪走行マシンは、21日14:00からがRC160、CR110、CR93、CB500R(RSC)、RS125RW-T、RVF400、22日9:00からが2RC143、2RC146、RC149、RC174、RC181となっている。問合せ先は「ツインリンクもてぎ」業務課(電話0285-64-0001)まで。なお天候不順の場合も上記まで問い合わせてほしいとのこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。