パサート、自動車学校の教習車に(6/19)

1998.06.19 自動車ニュース
 
 

パサート、自動車学校の教習車に(6/19)

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社は「パサート」に自動車学校用教習車を設定し、6月16日より販売開始した。標準モデルより7万3000円高の344.8万円という。

ベースになっているのは「パサート1.8」で、125psの直列4気筒DOHC5バルブエンジンと4段ATなど基本は通常モデルと同様だ。それに加えて、国産車と同じようにステアリングコラム右側にウィンカーレバー、左側にワイパーレバーを移したことをはじめ、ABS対応補助ブレーキ、教官用補助ミラー、教官用デジタルメーターなどの専用装備が与えられている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る