レガシィワゴンシリーズがモデルチェンジ(6/18)

1998.06.18 自動車ニュース
 
 

レガシィワゴンシリーズがモデルチェンジ(6/18)

富士重工業は「スバルレガシィ」の「ツーリングワゴン」および「ランカスター」をフルモデルチェンジし、6月17日より発売した。価格は「ツーリングワゴンTX」の190.5万円から。

3代目になったレガシィの特徴は、ワゴン専用車として開発されたことで、エンジン、サスペンションをはじめとする主要コンポーネンツが一新されたことに加え、アクティブ、パッシブ両方の安全性が高められているのもセリングポイントとなっている。

エンジンは水平対向4気筒という基本レイアウトは踏襲しつつも、SOHC、DOHCともに新設計のシリンダーヘッドや吸気システムを採用し、低中回転域のトルクを向上させたのが特徴だ。富士重工業では手を加えたこのエンジンを「BOXER PHASE?」(ボクサーとは水平対向エンジンのこと)と呼んでいる。

フルタイム4WDシステムは3代目でもレガシィのトレードマークだ。今回はさらにシステムを進化させ、「VDC(ビークルダイナミクスコントロールシステム)」とメーカーがよぶアクティブセイフティ技術が組み合わせられた。タイヤの状態からブレーキとエンジン出力を制御して走行安定性を高めるというこのシステムは「GT-VDC」(279.8万円)に搭載される。

リアサスペンションが新しくなったのも大きな特徴のひとつだ。荷室容量を考慮してコンパクトでありながらストローク量を充分にとり剛性も向上させたとメーカーが謳うマルチリンク式となっているのだ。さらにサブフレームを介してマウントすることにより、振動、騒音の低減をはかったとされる。

グレードはツーリングワゴンが「TX」(5MT190.5万円/4AT199.8万円)にはじまり、「Brighton」(4AT229.8万円)「TStypeR」(5MT239.8万円/4AT249.1万円)「GT-VDC」(4AT279.8万円)「GT-B」(5MT289.8万円/4AT296.3万円)「250T」(4AT259.8万円)「250Tエレクトロニックニューマチックサスペンション」(4AT267.8万円)「250T-B」(4AT269.8万円)となる。いっぽうランカスターは5MTが263.3万円、4ATが269.8万円だ。

同日都内のホテルで行われた発表会の会場で、富士重工業の田中毅社長は、「いまワゴンは成熟期に入っており、これから市場で成功するにはいっそうの独自性が重要になる」としたうえで、「走る楽しさと安全性」が3代目レガシィの2本の柱となるとした。さらに今回は発表が見合わされたセダンについて田中社長は、「現在開発中であり、おって発表になる」と述べた。個人的には、アウディをはじめ欧州では個性的なスタイリングのワゴンが次々と登場しているなかで、スバルは高性能、高効率……といっても結局タコツボを掘っているような気がしてならないのだが。(WebCG=オガワ)

 
 
関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る