●日産セド/グロ・セダンを一部改良(6/17)

1998.06.17 自動車ニュース
 
 

●日産セド/グロ・セダンを一部改良(6/17)

日産自動車は「セドリック」および「グロリア」のセダンに一部改良をほどこし、6月15日より発売した。価格は「スーパーカスタム」の206.5万円から「ブロアムVIP」の401.8万円までだ。取り扱いはセドリックがモーター系、グロリアがプリンス系各販売会社となる。

今回の改良は、安全装備の充実と内装の全面的変更からなる。安全装備の面ではデュアルエアバッグをはじめ、ABSとセットになったブレーキアシスト、さらにロングライフ撥水ガラスが全車に標準装備された。内装面では、インストルメントパネルの意匠が変更されるとともに、内装クロスの色調が一新された。

 
 

関連キーワード:
セドリックグロリア日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「セドリック」、「グロリア」40周年記念車を発売 2000.1.13 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」、「グロリア」誕生40周年を記念して、「40thAnniversary」を設定し、1月7日から発売した。今回発売された「40th Anniversary」は、セドリックの「300LV」「250LV」、グロリアの「300TX」「250TX」をベースに、記念キー、記念エンブレム、運転席オートスライドなどの特別装備を採用している。セドリック「300LV 40th Anniversary」には、後席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを、「250LV 40th Anniversary」には、助手席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを採用し、ラグジュアリーな雰囲気を強調、グロリア「300TX 40th Anniversary」、「250TX 40thAnniversary」には、215/50R17タイヤと17インチアルミホイールを採用、スポーティさを強調した。価格はセドリック「250LV 40th Anniversary」が349.0万円、「300LV 40thAnniversary」が388.0万円、グロリア「250TX 40th Anniversary」が353.0万円、「300TX 40th Anniversary」が385.0万円となる。新型セドリックのセールスは、ライバルのトヨタ・クラウンに比べると精彩を欠くものになっているようです。テコいれは「40周年記念モデル」というよりも、クラウン・アスリートに対して本家本元と言える「グランツーリスモ」の登場ではなかったか? と、私はこの場をかりてカルロス氏に進言させていただきます。(Web CGあらい)
  • 日産「セドリック」と「グロリア」の70周年記念車に「本革パッケージ」を追加 2003.12.26 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」と「グロリア」の70周年記念特別仕様車に、レザー内装や機能装備を付与した「本革パッケージ」を追加。2004年1月15日から販売を開始する。
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 日産「セドリックセダン」「クルー」営業車改良 2002.7.1 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリックセダン」と「クルー」の営業車を一部改良し、2002年6月26日に発売した。眼目は、環境性能、燃費の向上、そしてグレード体系の見直しなど。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る