アウディA6アバント発売(6/17)

1998.06.17 自動車ニュース
 
 

アウディA6アバント発売(6/17)

アウディジャパン株式会社は7月1日より「A6アバント」を発売すると発表した。価格は「2.4」の523.5万円からとなる。

1997年8月に日本発売されたアウディのアッパーミドルクラスセダン、A6をベースに開発された「A6アバント」は、全長4805mm、全幅1810mmという比較的大ぶりなサイズをもつワゴンだ。日本に導入されるのは、気筒あたり5つのバルブをもつ新世代のV6エンジン搭載モデルで、排気量は2.4リッター(165ps)と2.8リッター(193ps)の2本立てで、2.4リッター仕様には前輪駆動モデルの「2.4」(523.5万円)とフルタイム4WDの「2.4クワトロ」(553.5万円)が、2.8リッターは「2.8クワトロ」(600.5万円)のみという車種体系になる。

サスペンションは前が「4リンク」とよばれる独自の形式をもつダブルウィッシュボーン、後ろがFWDモデルはトーションビーム、クワトロモデルはダブルウィッシュボーンとなる。トランスミッションはすべての車種にティプトロニックが用意される。さらに加えて、スタイリッシュなボディと、セダンと同等の運動性能も、「A6アバント」のセリングポイントとしてアウディが強調する点だ。

たしかにこの4代目アバントのきれいなボディは印象に残る。最近アウディはアイディンティティ確立の重要なポイントとしてデザンをあげているが、そもそもアウディ、とくにアバントはスタイリッシュなクルマだった。2代目(100アバント)は当時新鮮だった「空力」という概念とともに、市場で確固たる地位を築いたものだった。しかしそのいっぽうで、これまでのモデルに共通していえるのが、古くさくなるスピードも速い、ということだ。いまどき100アバントに乗っていたらそれこそ恥ずかしい。デザイン優先で開発するとややもすると流行商品のようになってしまうため、このへんのサジかげんがメーカーの技量なのだ。それはともかく、A6アバント、運転するととてもよいクルマだ。とりわけ2.4リッターのFWDモデルはたいへん好感がもてるモデルである。(WebCG=オガワ)

アウディ

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る