アウディ、ランボルギーニを買収へ(6/16)

1998.06.16 自動車ニュース

アウディ、ランボルギーニを買収へ(6/16)

ドイツのアウディAGは、イタリアのスポーツカーメーカー、ランボルギーニと同社とが株式取得の基本合意書に調印したと発表した。ランボルギーニがアウディの傘下に入ると、アウディの海外子会社の位置づけになるという。

フォルクスワーゲンがランボルギーニに食指を動かしており、以前から現在のオーナーと話を進めていたことは業界でも以前から噂になっていた。詳細は数週間後に発表されるとのことだが、つい最近もアウディを通して英国コスワースの買収を済ませた同グループがランボルギーニをVWグループにおけるスーパーカー部門として、強固な自動車王国を築き上げていくのは必至である。

VWによってロールスロイスを手中からさらわれてしまったBMWでは現在、将来的な自社の超高級ラインのために英国にかつてあったバンデンプラなどのブランド名を使用することも検討中といわれている。メルセデスは戦前の高級車「マイバッハ」ブランドを復活させることを、去年の東京モーターショーで明らかにした。次の時代はブランド力の競争になりそうだ。でも自動車ってファッションと同じ、なのだろうか?(WebCG=オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。