三菱パジェロio(イオ)新発売(6/16)

1998.06.16 自動車ニュース
 
 

三菱パジェロio(イオ)新発売(6/16)

三菱自動車工業株式会社はパジェロのラインナップに新たに「パジェロio(イオ)」を設定、6月15日から全国のギャラン系およびカープラザ系販売店で発売開始した。1.8リッターGDIエンジン搭載で価格は159.8万円からとなる。

「パジェロio」は、パジェロJrが今年4月に生産中止になったあと、パジェロミニとパジェロとの橋渡し役を務めるモデルだ。その特徴はコンパクトさ。2280mmのホイールベースをもつモノコックボディは全長×全幅×全高=3675×1600×1700mmと小ぶりだ。前席重視のコンセプトで、しかもスタイリングのキーワードは「ローアンドワイド」。昨年から顕著になった消費者のクロカン離れを視野にいれて、ヨンク臭さを抑えようとしているのがわかる。

搭載されるエンジンは1834ccの直列4気筒DOHC16バルブ「GDI(ガソリン筒内噴射)で、最高出力は130ps/5500rpm、最大トルクは18.5kgm/3500rpmとなっている。これに電子制御4段ATを介して、三菱が「スーパーセレクト4WD-i」とよぶビスカスカプリング式フルタイム4WDシステムが組み合わせられている。

安全性の面では現代の水準にキャッチアップしている。ボディは三菱の「安全強化ボディRISE」が採用されており、デュアルエアバッグ、ABSに加えて、フロントシート内蔵のサイドエアバッグがオプションで装着可能となっている(「ZR」のみに設定)。

グレードは装備に応じて2本立てとなっている。フル装備の「ZR」が187.3万円、カラーバンパーをはじめ、電動リモコンドアミラー、スライディングルーフ、集中ドアロックなどの装備をはぶかれた「ZX」が159.8万円だ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱、新開発「GDIターボ」をパジェロイオに搭載 2000.7.5 自動車ニュース 三菱自動車は、SUV「パジェロイオ」に、新開発のガソリン直噴ターボエンジン「GDIターボ」を搭載し、7月3日より発売した。「GDIターボ」エンジンの特徴は、ベースとなる1.8リッターGDIエンジンと同等の燃費を確保しながら、2.4リッター並みの出力特性を実現させたという点にある。ガソリン直噴エンジンのターボ仕様車が市販されるのは初めてのことだ。燃費を優先したロープレッシャーターボを採用。これにより、低回転域のレスポンスを高めターボラグの問題をほぼ解消したとしている。最高出力は160ps/5200rpm、最大出力は22.4kgm/3500rpmを発生。燃費はリッター13km(10・15モード)で、平成12年排出ガス規制への適合、2010年新燃費基準のクリアを果たしている。「GDIターボ」が搭載されるのはパジェロイオ「TR」(5ドア+4AT+4WD)。専用フロントグリル、同アルミホイールを装着し、ターボ車としての高性能なイメージを付与したとしている。価格はベース車の7万円高で210.0万円となる。三菱自動車「パジェロイオ」サイト:http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/online/source/modinfo.asp?QnModelId=16
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • アウディが「Q2」や新型「Q5」「A5」の年内導入を発表 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、東京都内で記者発表会を開催し、2016年の販売実績を報告。「Q2」「Q5」「A5」といった、2017年の新型車導入計画も発表した。
  • 三菱、欧州専用の「パジェロ」生産開始 1999.7.12 自動車ニュース 三菱自動車は7月6日、イタリアで「パジェロピニン」のラインオフセレモニーを行なった。「三菱パジェロピニン」は、フェラーリなどを手がけるピニンファリーナがデザインおよび生産を担当する欧州むけモデルだ。この秋、イタリアで発売される。生産開始を記念しての式典にはイタリア・トリノのピニンファリーナ社のバイオカナベーゼ工場にて行なわれた。同式典には河添克彦・三菱自動車社長、セルジオピニンファリーナ・ピニンファリーナ会長が列席した。「パジェロピニン」はパジェロioをベースに開発された欧州仕様で、1.8リッターGDIエンジンにスーパーセレクト4WD-iを組み合わせたドライブトレインをもち、内外装は特製となる。三菱自動車では、小型パジェロのようなスポーツユーティリティ市場は今後ヨーロッパで需要の拡大が見込まれると見ており、イタリアの次はスペイン、ドイツ、ポルトガル、イギリスなどで順次販売する予定という。さらに三菱自動車では7月8日付で、フィアットとイタリアで4WDのSUVを共同生産する計画があることを発表した。フィアット社は、新車のスタイリングに対して責任を持ち、三菱自動車はプラットフォームとメカニカルパーツを供給する、というものだ。2001年前半をめどに2ドアと5ドアの2バージョンがつくられ、エンジンはディーゼルとガソリンの2本立てとなることが決定されている。生産は「パジェロピニン」を担当するピニンファリーナ社のバイロ工場となるそうだ。フィアットとのRV共同開発発表などイタリアに急接近の三菱自動車だが、個人的にはこうした展開はおおいに期待したい。イタリアンテイストの三菱車って、パジェロに限らずいいと思いませんか?(Web CG おざわ)
ホームへ戻る