三菱パジェロio(イオ)新発売(6/16)

1998.06.16 自動車ニュース
 
 

三菱パジェロio(イオ)新発売(6/16)

三菱自動車工業株式会社はパジェロのラインナップに新たに「パジェロio(イオ)」を設定、6月15日から全国のギャラン系およびカープラザ系販売店で発売開始した。1.8リッターGDIエンジン搭載で価格は159.8万円からとなる。

「パジェロio」は、パジェロJrが今年4月に生産中止になったあと、パジェロミニとパジェロとの橋渡し役を務めるモデルだ。その特徴はコンパクトさ。2280mmのホイールベースをもつモノコックボディは全長×全幅×全高=3675×1600×1700mmと小ぶりだ。前席重視のコンセプトで、しかもスタイリングのキーワードは「ローアンドワイド」。昨年から顕著になった消費者のクロカン離れを視野にいれて、ヨンク臭さを抑えようとしているのがわかる。

搭載されるエンジンは1834ccの直列4気筒DOHC16バルブ「GDI(ガソリン筒内噴射)で、最高出力は130ps/5500rpm、最大トルクは18.5kgm/3500rpmとなっている。これに電子制御4段ATを介して、三菱が「スーパーセレクト4WD-i」とよぶビスカスカプリング式フルタイム4WDシステムが組み合わせられている。

安全性の面では現代の水準にキャッチアップしている。ボディは三菱の「安全強化ボディRISE」が採用されており、デュアルエアバッグ、ABSに加えて、フロントシート内蔵のサイドエアバッグがオプションで装着可能となっている(「ZR」のみに設定)。

グレードは装備に応じて2本立てとなっている。フル装備の「ZR」が187.3万円、カラーバンパーをはじめ、電動リモコンドアミラー、スライディングルーフ、集中ドアロックなどの装備をはぶかれた「ZX」が159.8万円だ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理 2006.1.12 自動車ニュース 三菱自動車は、コンパクトSUV「パジェロイオ」を一部改良し、2006年1月11日に発売した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売NEW 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る