三菱パジェロio(イオ)新発売(6/16)

1998.06.16 自動車ニュース
 
 

三菱パジェロio(イオ)新発売(6/16)

三菱自動車工業株式会社はパジェロのラインナップに新たに「パジェロio(イオ)」を設定、6月15日から全国のギャラン系およびカープラザ系販売店で発売開始した。1.8リッターGDIエンジン搭載で価格は159.8万円からとなる。

「パジェロio」は、パジェロJrが今年4月に生産中止になったあと、パジェロミニとパジェロとの橋渡し役を務めるモデルだ。その特徴はコンパクトさ。2280mmのホイールベースをもつモノコックボディは全長×全幅×全高=3675×1600×1700mmと小ぶりだ。前席重視のコンセプトで、しかもスタイリングのキーワードは「ローアンドワイド」。昨年から顕著になった消費者のクロカン離れを視野にいれて、ヨンク臭さを抑えようとしているのがわかる。

搭載されるエンジンは1834ccの直列4気筒DOHC16バルブ「GDI(ガソリン筒内噴射)で、最高出力は130ps/5500rpm、最大トルクは18.5kgm/3500rpmとなっている。これに電子制御4段ATを介して、三菱が「スーパーセレクト4WD-i」とよぶビスカスカプリング式フルタイム4WDシステムが組み合わせられている。

安全性の面では現代の水準にキャッチアップしている。ボディは三菱の「安全強化ボディRISE」が採用されており、デュアルエアバッグ、ABSに加えて、フロントシート内蔵のサイドエアバッグがオプションで装着可能となっている(「ZR」のみに設定)。

グレードは装備に応じて2本立てとなっている。フル装備の「ZR」が187.3万円、カラーバンパーをはじめ、電動リモコンドアミラー、スライディングルーフ、集中ドアロックなどの装備をはぶかれた「ZX」が159.8万円だ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱、欧州専用の「パジェロ」生産開始 1999.7.12 自動車ニュース 三菱自動車は7月6日、イタリアで「パジェロピニン」のラインオフセレモニーを行なった。「三菱パジェロピニン」は、フェラーリなどを手がけるピニンファリーナがデザインおよび生産を担当する欧州むけモデルだ。この秋、イタリアで発売される。生産開始を記念しての式典にはイタリア・トリノのピニンファリーナ社のバイオカナベーゼ工場にて行なわれた。同式典には河添克彦・三菱自動車社長、セルジオピニンファリーナ・ピニンファリーナ会長が列席した。「パジェロピニン」はパジェロioをベースに開発された欧州仕様で、1.8リッターGDIエンジンにスーパーセレクト4WD-iを組み合わせたドライブトレインをもち、内外装は特製となる。三菱自動車では、小型パジェロのようなスポーツユーティリティ市場は今後ヨーロッパで需要の拡大が見込まれると見ており、イタリアの次はスペイン、ドイツ、ポルトガル、イギリスなどで順次販売する予定という。さらに三菱自動車では7月8日付で、フィアットとイタリアで4WDのSUVを共同生産する計画があることを発表した。フィアット社は、新車のスタイリングに対して責任を持ち、三菱自動車はプラットフォームとメカニカルパーツを供給する、というものだ。2001年前半をめどに2ドアと5ドアの2バージョンがつくられ、エンジンはディーゼルとガソリンの2本立てとなることが決定されている。生産は「パジェロピニン」を担当するピニンファリーナ社のバイロ工場となるそうだ。フィアットとのRV共同開発発表などイタリアに急接近の三菱自動車だが、個人的にはこうした展開はおおいに期待したい。イタリアンテイストの三菱車って、パジェロに限らずいいと思いませんか?(Web CG おざわ)
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 装備が充実した2タイプの「レンジローバー イヴォーク」限定発売 2017.6.9 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月8日、プレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の限定車「レンジローバー イヴォークFREE_STYLE(フリースタイル)」と「レンジローバー イヴォークCOOL_STYLE(クールスタイル)」を発表。同日、受注を開始した。
  • KTM125デューク/250デューク/390デューク/1290スーパーデュークGT【試乗記】 2017.6.10 試乗記 普通二輪免許で乗れるKTMのネイキッドバイクが、3車種同時にフルモデルチェンジ。「野獣の卵」「ザ・コーナーロケット」など過激なニックネームを持つ新型の実力を、サーキットで確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る