クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=2740×1560×1540mm/ホイールベース=1865mm/車重=870kg/駆動方式=RR/1リッター直3DOHC12バルブターボ(84ps/5250rpm、12.2kgm/2000-4750rpm)/価格=219万円(テスト車=238万4250円/マットペイント<ダークグレーマット>=6万3000円/シートヒーター付き本革シート=10万5000円/ETC車載器=2万6250円)

スマート・フォーツーカブリオ ターボ(RR/5AT)【試乗記】

ホップ、ステップ、ジャーーンプ!! 2012.09.11 試乗記 スマート・フォーツーカブリオ ターボ(RR/5AT)
……238万4250円
マイクロコンパクトカー「スマート・フォーツー」が小変更を受け、フェイスリフト。新たに加わったターボモデルの「カブリオ」で、その走りを試した。

加速感は1.4リッター車並み!? 

マニュアルトランスミッションをベースにした、5段ATのソフタッチから得られる加速感は、ATモードでアクセルを踏み込んでいくと、三段飛びをしている感じだ。図で表現するなら、極太線で始まって細い線で終わる山が三つ。着地の後の飛び出し(シフトアップ)の際には、体がシートから少し浮くように感じる。その「ポン、ポン、ポ〜ン」という走りは、跳躍に近いかも。

「スマート」といえば、初期のモデルでは、ギアチェンジの際のギクシャク感が不快だったけれど、改良が加えられるたびにスムーズさが増し、その三段跳びの跳躍感がむしろスマートならではの味として楽しめるようになっている。これは楽しい!
シフトレバーの横にある切り替えスイッチを押して、MTモードに。すると一転、リニアで力強い加速が生まれる。実際の加速のパターンは同じなんだけど、運転する側の印象は大違い。図で表現するなら、定規に極太マジックをあてて、一気にひいた直線かな。

「スマート・フォーツー」は2012年5月のマイナーチェンジで、パワフルなターボモデルが追加されました。搭載される1リッター直3ターボエンジンは、最高出力85ps、最大トルク12.2kgmを発生。とくれば、1.3リッターNA車といい勝負。
ちょうど日を同じくして、国産の1.3リッター車(NA)に試乗していましたが、カタログスペックはそちらのほうが高いにもかかわらず、スマートは2500rpmあたりからグイグイっとターボが効いてきて、リアエンジン・リアドライブならではの、背中を押されるような加速が感じられ、ずっとパワフルに感じました。

体感的には1.3リッター車以上、1.4リッター車並みといってもいいかも! トリディオンセーフティセルからなるボディーは剛性感が高く頼もしいうえに、車重が870kgと軽いことが、この押し出すような加速感に拍車をかけているようです。高速道路での安定感も、見た目とは裏腹に「やっぱりベンツ」でした。

オープンスイッチオンにし、キャンバストップを開けると、頭のてっぺんにだけ風が通る程度で、サンバイザーをかぶってバイクに乗っているような気分。これはこれでちょうどいいかも。

大型化されたフロントグリルにハニカム構造の新しいデザインを採用。中央部分には大きくなったクロム仕上げのブランドロゴが配される。ボディーカラーは新色のダークグレーマット。
大型化されたフロントグリルにハニカム構造の新しいデザインを採用。中央部分には大きくなったクロム仕上げのブランドロゴが配される。ボディーカラーは新色のダークグレーマット。 拡大
オプションのシートヒーター付き本革シート。標準はレザーツインシートとなる。
オプションのシートヒーター付き本革シート。標準はレザーツインシートとなる。 拡大
「BRABUS」モデル以外では初めてとなる1リッター直3ターボエンジンを搭載。最高出力84ps/5250rpm、最大トルク12.2kgm/2000-4750rpmを発生する。NAエンジンと比べて13ps、2.8kgmのアップだ。ターボモデルにはアイドリングストップ機構は装備されず、JC08モード燃費は18.0km/リッター。
「BRABUS」モデル以外では初めてとなる1リッター直3ターボエンジンを搭載。最高出力84ps/5250rpm、最大トルク12.2kgm/2000-4750rpmを発生する。NAエンジンと比べて13ps、2.8kgmのアップだ。ターボモデルにはアイドリングストップ機構は装備されず、JC08モード燃費は18.0km/リッター。 拡大
新デザインのフロントグリルや立体的なデザインのサイドスカート、リアスカートの採用でスポーティーな印象になった。
新デザインのフロントグリルや立体的なデザインのサイドスカート、リアスカートの採用でスポーティーな印象になった。 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

ちっちゃくても高級品

室内はスポーティーモデルにふさわしく、パドルシフト付きの本革巻き3スポークスポーツステアリングホイールに、コックピットクロック、レブカウンターを採用。シートヒーター付きの本革シートがオプションで選べるなど、ゴージャス感もアップ。トリディオンセーフティセルによる高い衝突安全性に加え、ESPやSRSヘッドソラックスサイドバッグといった安全装備が標準で用意されるのも、メルセデス品質といったところ。ちっちゃいだけのクルマとはちょっと違います!

スマートカブリオの開閉スタイルは、大きく分けて3段階。サンルーフ状態では好きな位置で止めることも可能。左右のルーフレールはそれぞれ取り外しができ、重さは1本につき2kgくらいかな。最近袖ふり状態が気になる、ぜい肉タプタプな私の腕でも、難なく持てる重さで、取り外しや取り付けも簡単にできます。

テールゲートの収納スペースは、緩衝剤がレールにぴったりフィットする形状になっているので、すっきり収納できて、走行中にがたつく心配もなし。
キャンバストップ全開状態では、後方視界が半減するので、バックソナー付だとなお良しですが、そうワガママも言っていられないので、「気を付けて運転しましょう!」ということで。

ターボモデルにはパドルシフト付きの本革巻きスポークスポーツステアリングやコックピットクロック&レブカウンターが標準装備される。
ターボモデルにはパドルシフト付きの本革巻きスポークスポーツステアリングやコックピットクロック&レブカウンターが標準装備される。 拡大
シートの後ろは小さなかばんが置ける程度。運転席と荷室の間仕切りは取り外しができ、助手席のシートバックを前に倒せば荷室から長尺物を積むこともできる。
シートの後ろは小さなかばんが置ける程度。運転席と荷室の間仕切りは取り外しができ、助手席のシートバックを前に倒せば荷室から長尺物を積むこともできる。 拡大
取り外したルーフレールは、テールゲート裏側に収納できる。
取り外したルーフレールは、テールゲート裏側に収納できる。 拡大
 
スマート・フォーツーカブリオ ターボ(RR/5AT)【試乗記】の画像 拡大

元気と癒やしをくれるクルマ

片側一車線ずつの車道で転回を試みてみると、案外外側から回り込まないと転回できず。スペック上の最小回転半径は4.2mだけれど、タイヤの最大切れ角が、意外と浅いせいで、数字よりも大きく感じられました。全長2.7mのマイクロコンパクトカーだけに、期待値が高すぎたかな?
電動パワーステアリングは意外にも操作感が重く、思わず「ヨッコイショ!」と口から飛び出してしまいました。私の腕がぜい肉でプルプルしてるのは認めますが、低速ではパワステを軽くするような工夫があると、より駐車や転回がしやすいのでは。

スマート・カブリオに試乗して、空に対するとらえ方が家から見るそれに似ているように感じました。私は、狭いですけど、ルーフバルコニー付きのマンションに住んでいます。北向きですが、春から秋の間は日光があたり、“畑”と称して、野菜や花なんかを育てて楽しんでます。都市に無数にひしめく1つの箱のなかの、そのまたちっぽけな箱に住んでいながら、自分専用の空があるって思うと、すごく癒やされるんですよね。

カブリオも、スイッチひとつで自分専用の空を持てるクルマ。ルーフを開けると、箱に閉じ込められていた自分の体が解き放たれたような気分になって、不思議と元気になれる気がします。これって、単に私が閉所恐怖症なだけですかねぇ?
いやいや、とにかくカブリオは、なにかと閉塞(へいそく)感のある都市において、自分の空が持てるステキな動く箱なんですよ。クーペでも十分楽しい。でもカブリオならもっと楽しい、そう思いません?

(文=スーザン史子/写真=荒川正幸)

 
スマート・フォーツーカブリオ ターボ(RR/5AT)【試乗記】の画像 拡大
ターボモデルに装着される15インチ3ダブルスポークアルミホイール。タイヤサイズは(前)175/55R15、(後)195/50R15。
ターボモデルに装着される15インチ3ダブルスポークアルミホイール。タイヤサイズは(前)175/55R15、(後)195/50R15。 拡大
 
スマート・フォーツーカブリオ ターボ(RR/5AT)【試乗記】の画像 拡大
 
スマート・フォーツーカブリオ ターボ(RR/5AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
フォーツーカブリオスマート試乗記

あなたにおすすめの記事