メルセデスV230日本発売(6/15)

1998.06.15 自動車ニュース
 
 

メルセデスV230日本発売(6/15)

メルセデスベンツ日本株式会社は6月10日より、メルセデス初のマルチパーパスビークルというふれこみの「V230」の発売を開始した。価格は390.0万円だ。

3000mmという長いホイールベースをもつシャシーには、独立したシートを3列備え6名の乗車を可能にしたボディが載せられている。後席は左右両側にスライドドアを備えたボクシーなボディの全長×全幅×全高は4670×1890×1850mmだ。フロントに搭載されて前輪を駆動するエンジンは、2294ccの直列4気筒DOHCで、最高出力は143ps/5000rpm、最大トルクは21.4kgm/4000rpmとなっている。トランスミッションは4段オートマチックのみ。ハンドル位置も右のみとなる。

ABS、ETS、アルミホイール、リアエアサスペンション(セルフレベリング機能つき)、前席パワーウィンドウ、パワーベンチレーテッドウィンドウ、電動可倒式ドアミラー、集中ロック、メタリックペイント、前席左右エアバッグ、全席アームレスト、チルト&テレスコピック調整機構付ステアリングホイール、エアコン、ダストバッグハンガー、リア電源ソケット、カップホルダーなどが標準装備されている。問合わせ先はメルセデスコール(0120-190-610)まで。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場 2016.6.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Vクラス」に一部改良を実施。排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液のタンクを拡大することで、約2万kmの距離を補充なしで走ることが可能となった。同時にスポーティーな内外装が特徴の新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加した。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
ホームへ戻る