第35回:平穏な生活か、熱い友情か……苦悩する男の姿に泣け!
『そして友よ、静かに死ね』

2012.09.11 エッセイ

第35回:平穏な生活か、熱い友情か……苦悩する男の姿に泣け!『そして友よ、静かに死ね』

印象的だったド・ゴールの「DS」

「シトロエンDS」が登場する映画といえば、まず頭に浮かぶのは『ジャッカルの日』だろう。公用車として黒塗りのDSがずらりと並ぶシーンは、フランス大統領の威厳を圧倒的な迫力で表現していた。そして、過激派の襲撃を受けてタイヤをパンクさせられても、ハイドロニューマチックのご利益でまんまと逃げおおせる。ジャッカルの乗る「アルファ・ロメオ ジュリエッタ スパイダー」よりも、ド・ゴールのDSがはるかに強い印象を残したのだ。

4月に紹介した『裏切りのサーカス』ではゲイリー・オールドマン演じるスパイがDSでロンドンを優雅に走った。今回紹介する『そして友よ、静かに死ね』では、70年代のフランスで伝説のギャングがDSで強盗をしまくる。襲われるほうもDSに乗っているという豪勢さで、さながら“DS祭”だ。

前回の『最強のふたり』に続き、また実話をもとにした作品だ。主人公は通称モモンと呼ばれるエドモン・ヴィダルで、実際に70年代に暴れまわっていた有名な悪党なのだ。彼の書いた自伝的小説が原作となっていて、映画製作にも協力している。日本でいえば、安藤昇が近いイメージだろうか。

© 2010 LGM FILMS GAUMONT FRANCE 2 CINEMA HATALOM RHONE-ALPES CINEMA
© 2010 LGM FILMS GAUMONT FRANCE 2 CINEMA HATALOM RHONE-ALPES CINEMA

第35回:平穏な生活か、熱い友情か……苦悩する男の姿に泣け! − 『そして友よ、静かに死ね』の画像
「シトロエンDS」
1955年にパリモーターショーで発表されると、その未来的スタイルが大きな話題となった。ハイドロニューマチックシステムを採用するなど先進的なメカニズムを持ち、当時としては珍しい前輪駆動の高級車だった。
© CITROËN COMMUNICATION
「シトロエンDS」
1955年にパリモーターショーで発表されると、その未来的スタイルが大きな話題となった。ハイドロニューマチックシステムを採用するなど先進的なメカニズムを持ち、当時としては珍しい前輪駆動の高級車だった。
© CITROËN COMMUNICATION

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。