第157回:実車の走りをバーチャルに再現!? これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」

2012.09.10 エッセイ

第157回:実車の走りをバーチャルに再現!?これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」

「実際にドライブしたクルマの動きを、テレビゲームやスマートフォンの画面上で再現する」――そんな新システムが完成したという。
一体どんなものなのか? 富士スピードウェイで試してみた。

実車とゲームをデータでリンク

最初は何を取材しに行くのかさっぱり分からなかった。「『トヨタ86(ハチロク)』と『グランツーリスモ』を連携させるシステムが体験できるそうです」と『webCG』の編集スタッフに言われても、一方はリアル、もう一方はバーチャル。それがどうすれば連携できるのかと、もうすぐ50代に突入する僕はチンプンカンプンだったのだ。

でも現場に行って関係者の話を聞いたら、ちょっと理解できた。
現在の自動車は「86」に限らず、高度にコンピューター制御されている。トヨタが「VSC」と呼ぶ横滑り防止装置などは、縦横Gやアクセルペダル開度、ステアリングの回転角度など、あらゆる情報をセンサーでモニタリングし、「CAN(Controller Area Network)」と呼ばれるシステムで統括して、作動をコントロールしている。

だからこのCANにGPSを介して得られる位置データを組み合わせれば、サーキットなどでの走行データが採取できる。それをUSBメモリを介して家庭用ゲーム機「プレイステーション」に取り込んだり、Bluetoothを使ってスマートフォンに送れるようにしたプラットフォームが、トヨタとデンソーが共同開発した今回の主役、「CAN-Gateway ECU」だ。

トヨタとデンソーではこのプラットフォームを、まず2013年春から、86でレースを行う関係者にモニター提供し、同年末に正式発売を予定しているという。似たようなプロダクトが、アフターマーケットに存在しなかったわけじゃないけれど、メーカー自らが開発した例は初めてではないだろうか。

第157回:実車の走りをバーチャルに再現!? これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」の画像
体験会場で「CAN-Gateway ECU」について説明する、「トヨタ86」のチーフエンジニア 多田哲哉氏。実車の走行データを身近な端末上で再現することにより、リアルとバーチャルを交えたモータースポーツや運転上達のための練習ができるなど、クルマの楽しみ方が広がるという。
体験会場で「CAN-Gateway ECU」について説明する、「トヨタ86」のチーフエンジニア 多田哲哉氏。実車の走行データを身近な端末上で再現することにより、リアルとバーチャルを交えたモータースポーツや運転上達のための練習ができるなど、クルマの楽しみ方が広がるという。
「写真奥に見える『86』のエンジン回転数を、スマートフォン上に表示する」デモの様子。ゆくゆくは水温などのデータまで採取・蓄積できるようにし、「ドライビング・アプリ」として活用することも検討されている。
「写真奥に見える『86』のエンジン回転数を、スマートフォン上に表示する」デモの様子。ゆくゆくは水温などのデータまで採取・蓄積できるようにし、「ドライビング・アプリ」として活用することも検討されている。
これが、今回開発された“システム”。写真下方に見える箱状のものが「CAN-Gateway ECU」で、四方に伸びているのは、GPSアンテナやUSBインターフェイス、システムの起動スイッチなど。
これが、今回開発された“システム”。写真下方に見える箱状のものが「CAN-Gateway ECU」で、四方に伸びているのは、GPSアンテナやUSBインターフェイス、システムの起動スイッチなど。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ