クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4785×1820×1560mm/ホイールベース=2710mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/5300-6200rpm、28.6kgm/1700-5200rpm)/価格=494万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・パサートオールトラック(4WD/6AT)【試乗記】

滑らかに速いスピードワゴン 2012.09.10 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートオールトラック(4WD/6AT)
……494万円

「パサートヴァリアント」をベースにクロスオーバーなスタイリングと「4MOTIONトラック」が与えられた「フォルクスワーゲン・パサートオールトラック」。その走りを確かめた。

断トツの高付加価値モデル

どんな道でも走れるから、“オールトラック”。「パサートヴァリアント」をベースにした4WDモデルだ。フォルクスワーゲンにとって、しばらくコマを欠いていた乗用車タイプ4WDモデルの復活でもある。

これまでどおり、ハルデックスカップリングを使った4WDで、通常はほぼ完全にFF。前輪が空転すると、後輪にトラクションを分配する。

パサートといえば、現行世代でエンジンを一気にダウンサイジングし、日本仕様は1.4リッターターボになった。しかし、オールトラックは「ゴルフGTI」と同じ2リッターターボを積む。ありゃりゃ、リバウンドかと思えばそうではなく、旧型の「パサートヴァリアントV6 4MOTION」が3.2リッターだったことを考えると、2リッター化でダウンサイジング達成、という理屈である。

試乗車は純白。この色だと余計に目立つ前後ホイールアーチのミニオーバーフェンダー風ガーニッシュがオールトラックの一大識別点だ。ホイールも16インチのヴァリアントに対して、18インチが標準。単にパサートヴァリアントを四駆化したというのではなく、控えめながら、「アウディ・オールロードクワトロ」のようなスポーティー4WDワゴンの雰囲気も狙っているやに見える。

と思って乗り込むと、中はまじめだった。というか、ウッドデコラティブパネルが貼られたダッシュボードやナパレザーのシートなどをしつらえた室内には高級感が漂う。オールトラックは「パサートヴァリアントTSIハイライン」より約100万円高い494万円。パサートシリーズのなかでも断トツの高付加価値モデルである。

テスト車のボディーカラーは「キャンディホワイト」と呼ばれる純白。
テスト車のボディーカラーは「キャンディホワイト」と呼ばれる純白。 拡大
2リッター直4ターボエンジンは最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生する。
2リッター直4ターボエンジンは最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生する。 拡大
ウッドとアルミのデコラティブパネルで装飾される室内。ステアリングにはシフトパドルが備わる。
ウッドとアルミのデコラティブパネルで装飾される室内。ステアリングにはシフトパドルが備わる。 拡大

素早い変速機

ゴルフGTIのエンジンを積んだパサート! と言われても、あまり盛り上がらないのは、パサートのほうがゴルフより大きいからである。GTIの車重は1400kg。それに対してオールトラックは1670kgある。これじゃあ「羊の皮を着た狼」にはなれないだろう、と即断するのは間違いだ。オールトラックはなかなかのスピードワゴンである。

高性能エンジンというほどのパワフルさがあるわけではないが、スタートダッシュも追い越し加速もヒュワーッと滑らかに速い。一人乗車では1.7トン近い車重をまったく感じさせないクルマである。

変速機はゴルフGTIと同じパドルシフト付きの6段DSG。1.4リッターのパサートよりギアは1段少ないが、エンジンの持てる力をフルに引き出すDSGの本質に変わりはない。211psのエンジンも速いが、変速機も速い。
100km/h時のエンジン回転数は6速トップで2000rpm。「ポルシェPDK」のようなコースティング機能こそ付いていないが、最近のDSGは町なかでもとにかくあわよくばエンジン回転数を下げよう下げようとする。省燃費のためにそんなしつけが可能なのも、一朝事あれば、即座にキックダウンして加速に移れる速い変速機があればこそだ。軽いアクセルペダルを踏み込んでキックダウンを効かすと、アイドリング近くまで下がっていたタコメーターの針が、びっくりしたようにピクンと跳ね上がる。それが昔のレーシングカーに付いていた機械式タコメーターを彷彿(ほうふつ)させておもしろい。

今回、燃費はとれなかったが、JC08モードのカタログ値は11.6km/リッター。1.4リッターのヴァリアントTSIハイライン(17.6km/リッター)にはかなり差をつけられている。


フォルクスワーゲン・パサートオールトラック(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
ナパレザーのシート。インテリアカラーは写真のナチュラルブラウン(受注生産)と、ブラックが設定される。
ナパレザーのシート。インテリアカラーは写真のナチュラルブラウン(受注生産)と、ブラックが設定される。 拡大
後席は6:4の分割可倒式。センターアームレストを倒して、長い荷物を積み込むこともできる。
後席は6:4の分割可倒式。センターアームレストを倒して、長い荷物を積み込むこともできる。 拡大
容量約588リッターのラゲッジルームは、ダブルフォールディング方式の後席を倒すと約1716リッターまで拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れる様子が見られます)
容量約588リッターのラゲッジルームは、ダブルフォールディング方式の後席を倒すと約1716リッターまで拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れる様子が見られます) 拡大

広い荷室がアドバンテージ

160mmの最低地上高はFFのヴァリアントより30mm高い。実際には運転席だともっと高床に感じる。乗用車四駆としてはかなりのハイライダーである。

そんなキャラクターに誘われて舗装路を外れるとき、センターフロアにあるオフロードスイッチは便利だ。ボタンを押せば、ヒルディセントアシストがオンになり、エンジンや変速機やエレクトロニックデフロックの制御がオフロード仕様に変わる。「ティグアン」にも装備されているお手軽機構だ。

サスペンションはかなり硬めにしつけられている。ヨーロッパのバカンスシーズン、こういうクルマはたしかに貨物車として無慈悲に積まれる。ということを想定してのセッティングだとしても、空荷での乗り心地は少し硬過ぎる。バネ下が軽い感じはワルくないのだが、ダンパーが突っ張っているような印象で、高速道路の継ぎ目の乗り越しで発生する突き上げがちょっと鬱陶(うっとう)しい。「500万円の高級ワゴン」と考えると、足まわりにもう少ししなやかさがほしい。

フォルクスワーゲンの四駆なら、もっと安くて乗り心地もすごくいいティグアンがある、と、個人的には思うが、コンパクトSUVにはないアドバンテージは広い荷室である。後席を倒してフラットにすると、カーペットの上だけで177cm(実測)の奥行きがとれる。ボディー全長は「ボルボV70」より4cm短いのに、荷室(V70は同168cm)はひとまわり大きくて、しかも4WD。そのへんがオールトラックの魅力だろう。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

後輪に送られる駆動力は通常時の10%から、発進・加速時など状況により最大100%近くまで変化する。
後輪に送られる駆動力は通常時の10%から、発進・加速時など状況により最大100%近くまで変化する。 拡大

フォルクスワーゲン・パサートオールトラック(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
アンダーガードが備わったオールトラック専用のバンパー。
アンダーガードが備わったオールトラック専用のバンパー。 拡大

フォルクスワーゲン・パサートオールトラック(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事