【スペック】全長×全幅×全高=4785×1820×1560mm/ホイールベース=2710mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/5300-6200rpm、28.6kgm/1700-5200rpm)/価格=494万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・パサートオールトラック(4WD/6AT)【試乗記】

滑らかに速いスピードワゴン 2012.09.10 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートオールトラック(4WD/6AT)
……494万円

「パサートヴァリアント」をベースにクロスオーバーなスタイリングと「4MOTIONトラック」が与えられた「フォルクスワーゲン・パサートオールトラック」。その走りを確かめた。

断トツの高付加価値モデル

どんな道でも走れるから、“オールトラック”。「パサートヴァリアント」をベースにした4WDモデルだ。フォルクスワーゲンにとって、しばらくコマを欠いていた乗用車タイプ4WDモデルの復活でもある。

これまでどおり、ハルデックスカップリングを使った4WDで、通常はほぼ完全にFF。前輪が空転すると、後輪にトラクションを分配する。

パサートといえば、現行世代でエンジンを一気にダウンサイジングし、日本仕様は1.4リッターターボになった。しかし、オールトラックは「ゴルフGTI」と同じ2リッターターボを積む。ありゃりゃ、リバウンドかと思えばそうではなく、旧型の「パサートヴァリアントV6 4MOTION」が3.2リッターだったことを考えると、2リッター化でダウンサイジング達成、という理屈である。

試乗車は純白。この色だと余計に目立つ前後ホイールアーチのミニオーバーフェンダー風ガーニッシュがオールトラックの一大識別点だ。ホイールも16インチのヴァリアントに対して、18インチが標準。単にパサートヴァリアントを四駆化したというのではなく、控えめながら、「アウディ・オールロードクワトロ」のようなスポーティー4WDワゴンの雰囲気も狙っているやに見える。

と思って乗り込むと、中はまじめだった。というか、ウッドデコラティブパネルが貼られたダッシュボードやナパレザーのシートなどをしつらえた室内には高級感が漂う。オールトラックは「パサートヴァリアントTSIハイライン」より約100万円高い494万円。パサートシリーズのなかでも断トツの高付加価値モデルである。

テスト車のボディーカラーは「キャンディホワイト」と呼ばれる純白。
テスト車のボディーカラーは「キャンディホワイト」と呼ばれる純白。
2リッター直4ターボエンジンは最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生する。
2リッター直4ターボエンジンは最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生する。
ウッドとアルミのデコラティブパネルで装飾される室内。ステアリングにはシフトパドルが備わる。
ウッドとアルミのデコラティブパネルで装飾される室内。ステアリングにはシフトパドルが備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る