カルソニックIMPUL GT-R、第6戦富士を制す

2012.09.09 自動車ニュース
第6戦富士を制した、No.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/J.P・デ・オリベイラ組)。今季初勝利は、ポール・トゥ・ウィンの完勝だった。
カルソニックIMPUL GT-R、第6戦富士を制す

【SUPER GT 2012】カルソニックIMPUL GT-R、第6戦富士を制す

2012年9月9日、SUPER GTの2012年シーズン第6戦が富士スピードウェイで開催され、GT500クラスはNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/J.P・デ・オリベイラ組)が、GT300クラスはNo.33 HANKOOK PORSCHE(影山正美/藤井誠暢組)が、それぞれ勝利をおさめた。

スタート前のグリッドの様子。
スタート前のグリッドの様子。
予選2位からスタートした、前戦の勝者であるNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組)。最終的に2位でレースを終えた。
予選2位からスタートした、前戦の勝者であるNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組)。最終的に2位でレースを終えた。
カルソニックIMPUL GT-R、第6戦富士を制すの画像

■ぶっちぎりの初勝利

今季、何度も優勝争いを演じながら、これまで白星に恵まれなかったNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/J.P・デ・オリベイラ組)がついに栄冠を勝ち取った。

前日の予選でも、No.12 カルソニックIMPUL GT-Rはデ・オリベイラのドライビングによりポールポジションを獲得。しかし、同じ日産陣営でミシュランタイヤを履くNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組)が0.143秒差で2番グリッドを手に入れており、まったく予断を許さない状況となっていた。

300kmで競われたレースのスタートでは、松田の操るNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rが順当にトップをキープする一方、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rに乗るクインタレッリは後続をけん制するような動きを見せ、やや遅れて2番手を走行する形となる。

そのさらに後方では、6番グリッドからスタートしたNo.19 WedsSport ADVAN SC430(荒 聖治/アンドレ・クート組)が激しい追い上げを見せていた。ステアリングを握るクートは7周目に3番手まで浮上すると、続いてNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rに猛チャージ。13周目の2コーナーでクインタレッリ攻略に成功する。これで一瞬、勢いが鈍ったNo.1 S Road REITO MOLA GT-RはNo.6 ENEOS SUSTINA SC430(伊藤大輔/大嶋和也組)にもパスされて4番手に転落する。

しかし、こうしたバトルを尻目に、松田は2番手に5秒以上のリードを築くと、GT500クラスでは最後となる35周目にピットストップ。バトンを譲り受けたデ・オリベイラはトップのままコースに復帰すると、後続にまったく付け入る隙を与えないまま66周のレースを走りきり、待望の今季初優勝を遂げた。

勝利を喜ぶ、No.12 カルソニックIMPUL GT-Rの松田次生(写真左)とJ.P・デ・オリベイラ(写真右)。
カルソニックIMPUL GT-R、第6戦富士を制す

一方、No.19 WedsSport ADVAN SC430、No.6 ENEOS SUSTINA SC430、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rの3台による2位争いは、まず28周目にNo.6 ENEOS SUSTINA SC430がダンロップ・コーナーでオーバーランを喫して脱落。残る2台の戦いは、結果的にピットストップが勝敗を分ける格好となり、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rが2位、No.19 WedsSport ADVAN SC430が3位でチェッカーを受けた。

この結果、柳田とクインタレッリは58点を獲得してポイントテーブルのトップに浮上。今回は8位に終わったNo.38 ZENT CERUMO SC430の立川祐路と平手晃平が50点で2番手、同じく6位フィニッシュの脇阪寿一と石浦宏明(No.39 DENSO KOBELCO SC430)が43点で3番手につけている。

No.31 apr HASEPRO PRIUS GTの走り。ハイブリッドカーとして初となる勝利こそ逃したものの、GT300クラスで2位入賞。大いにレースを盛り上げた。
No.31 apr HASEPRO PRIUS GTの走り。ハイブリッドカーとして初となる勝利こそ逃したものの、GT300クラスで2位入賞。大いにレースを盛り上げた。
GT300クラスの3位は、No.16 MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中嶋大祐組)。第6戦富士は、ハイブリッドカーの活躍が目立った1戦だった。
GT300クラスの3位は、No.16 MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中嶋大祐組)。第6戦富士は、ハイブリッドカーの活躍が目立った1戦だった。
激しいバトルをかいくぐり、GT300クラスを制したNo.33 HANKOOK PORSCHE(影山正美/藤井誠暢組)。
激しいバトルをかいくぐり、GT300クラスを制したNo.33 HANKOOK PORSCHE(影山正美/藤井誠暢組)。

■ハイブリッドカーも大健闘

GT300クラスは2台のハイブリッドレーサーが大暴れするレースとなった。予選でポールポジションを勝ち取ったのはNo.31 apr HASEPRO PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀組)。さらに、第4戦菅生でデビューしたばかりのNo.16 MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中嶋大祐組)が3番グリッドを獲得し、この2台の間に挟まれる格好となったNo.33 HANKOOK PORSCHE(影山正美/藤井誠暢組)とともに優勝争いを繰り広げると期待された。

果たして決勝では、これに前戦のウィナーであるNo.66 triple a vantage GT3(吉本大樹/星野一樹組)が加わって、一時は“四つどもえ”の戦いとなったものの、あろうことかNo.31 apr HASEPRO PRIUS GTはレース序盤に2回もスピンを喫して後退。また、42周を走りきったところでNo.66 triple a vantage GT3はメカニカルトラブルによりリタイアを余儀なくされた。

結果的に勝利を手にしたのは、ストレートスピードの伸びでライバルを圧倒していたNo.33 HANKOOK PORSCHE。これに、一時は21番手まで順位を落としながら後半よく挽回したNo.31 apr HASEPRO PRIUS GTが2位フィニッシュで続いた。いっぽう、No.16 MUGEN CR-Z GTは、この2台に比べるとラップタイムの点で劣っていたものの、今回は安定したペースでレースを走りきり、デビュー3戦目にして3位表彰台を手に入れた。

今シーズンも残すところあと2戦。次戦は9月29〜30日に大分県のオートポリスで開催される。

(文=小林祐介/写真提供 GTA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。