新型「レンジローバー」の詳細が明らかに

2012.09.07 自動車ニュース

新型「レンジローバー」の詳細が明らかに

英ランドローバーは2012年9月6日、新型の「レンジローバー(日本名:レンジローバー ヴォーグ)」の詳細を発表した。

■大幅な軽量化を実現

およそ10年ぶりにフルモデルチェンジを受け、4代目となった新型「レンジローバー」。その概要は2012年8月に発表されたが、このほど詳細が明らかになった。

ニューモデルの注目は、SUVでは世界初となるオールアルミニウム製モノコックボディーの採用だ。
この新開発ボディーは現行モデルのスチールボディーより39%軽く、ボディーシェルだけで180kgの軽量化を果たしている。さらに車両全体でも軽量化を施し、車両重量では最大420kg(3リッターV6ディーゼル搭載車)軽く仕上がった。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4999×1983×1835mmでホイールベースは2922mm。

エクステリアは旧型の印象を継続しつつも、「イヴォーク」風に切れ上がったヘッドライトや、同様のモチーフでデザインされたテールライトなど、より現代的に生まれ変わっている。
中でも目を引くのが、フロントドアに施されたベント風のフィン。旧型ではフェンダーにあった吸気用のベントが、渡河水深性能の向上(旧型の700mmに対し900mm)により不要となったのだが、そのデザインを受け継いだものだ。

■進化した「テレイン・レスポンス」

路面状況に合わせてエンジンやギア、ブレーキなど各種制御を最適化する「テレイン・レスポンス」も第2世代に進化した。
これまで「オンロード」「草/砂利/雪」「泥/轍(わだち)」「砂地」「岩場」の走行パターンを路面状況に応じて選ぶ必要があったが、新型では、走行条件を分析して最適なプログラムを自動的に選択する「オート機能」が備わった。
また、レーダーセンサーで死角を監視する「ブラインドスポットモニタリング」やT字路ビューを備えた「サラウンドカメラシステム」、トレーラーけん引時の駐車を容易にする「トレーラーリバースパークガイダンス」「トレーラーヒッチガイダンス」などの機能も搭載している。

室内は、ホイールベースの延長により後席のレッグルームが118mm以上拡大。また、ドア開口部の拡大により、後席への乗降もより容易になったという。
さらに、「エグゼクティブクラスシートオプション」と呼ばれる、後席乗員向けの快適装備をパッケージしたオプションも用意される。
これには、可動範囲の広い2座独立式後部シートやクールボックス付きのセンターアームレスト、最高級ウッドパネルで仕上げたというセンターコンソールなどが備わる。

■エンジンは4種類

搭載されるエンジンは、以下の4種類(カッコ内末尾は車重)。
・5リッターV8ガソリン(275ps/6500rpm、52.0kgm/3500rpm、2200kg)
・5リッターV8ガソリンスーパーチャージド(510ps/6000-6500rpm、63.7kgm/2500-5500rpm、2330kg)
・3リッターV6ディーゼルターボ(258ps/4000rpm、61.2kgm/2000rpm、2160kg)
・4.4リッターV8ディーゼルターボ(339ps/3500rpm、71.4kgm/1750-3000rpm、2360kg)

トランスミッションは全車に8段ATが組み合わされる。
5リッターV8スーパーチャージャーを搭載するモデルの0-60mph(96km/h)加速は5.1秒を記録。また、3リッターV6ターボディーゼルモデルの燃費は約13.3km/リッター、CO2排出量は196g/kmとなっている。

新型「レンジローバー」は2012年末より世界170のマーケットで販売が開始される予定。なお、日本国内での発売時期は未定とのこと。

(工藤考浩)

新型「レンジローバー(日本名:レンジローバー ヴォーグ)」
新型「レンジローバー(日本名:レンジローバー ヴォーグ)」

新型「レンジローバー」の詳細が明らかにの画像

新型「レンジローバー」の詳細が明らかにの画像

新型「レンジローバー」の詳細が明らかにの画像
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る