第261回:警告! 電気自動車も「ガラケー化」する?

2012.09.07 エッセイ

第261回:警告! 電気自動車も「ガラケー化」する?

もうさよなら!? フランス版「i-MiEV」

三菱自動車は2012年8月初旬、PSAプジョー・シトロエン(以下、PSA)に供給している電気自動車「プジョー・イオン」と「シトロエンC-ZERO」に関して同社水島工場での生産休止を決定した。イオンとC-ZEROは、ともに三菱の電気自動車「i-MiEV」のOEM車。PSAは一時的な措置としているが、再開の時期は示されていない。

2012年上半期にPSAが欧州で販売したのは、イオンが852台、C-ZEROが935台だった(JATOダイナミクス調べ)。日本ではあまり報道されなかったが、思えば2年前、2010年のパリモーターショーでは、プジョー/シトロエン両ブランドのスタンドにおいてこの2台はスター扱いだった。プレスリリースにはプジョー・シトロエン・グループの未来を切り開くクルマであるがごとく記され、詳細まで読まないと、あたかも完全自社開発とみまがうかのようだった。

しばらくすると、パリのレンタカー会社の営業所では、ラインナップに加えられたイオンが、一番いいポジションに飾られたものだ。また、イオン/C-ZEROではないが、2009年11月には、モナコ公国の公用車としてアルベール2世大公立ち会いのもとi-MiEVが4台納入されるという華やかな周辺ニュースもあった。

今回のニュースは、あの頃には想像できなかった結末である。ましてや皮肉なタイミングだった。折からの自動車販売低迷に加え、2012年7月上旬にPSAが発表した国内工場閉鎖と大規模人員削減策を受けるかたちで、オランド政権が発表した環境対応車開発奨励策の直後だったのだ。
これはボクの空想にすぎないが、あたかもPSAが「政府がエコカー奨励といっても、そう簡単に売れる代物ではない」と抗議しているかのように思われた。
フランスにおける2011年の電気自動車国内販売台数は2630台。日本市場における「三菱i-MiEV」と「日産リーフ」「三菱ミニキャブ・ミーブ」の販売台数合計1万3449台からすると、5分の1以下である。

イタリアの2012年上半期の電気自動車販売台数を見ても、「C-ZERO」は107台、「イオン」は80台だ。そのほか「リーフ」40台、「スマート・フォーツー electric drive」29台、「ルノー・フルエンス」18台、「i-MiEV」7台と、「フィアット500」の3台に比べれば良好とはいえ、決して好成績とは言えない数字だった。

レンタカー会社が導入した「プジョー・イオン」。2012年パリにて。
第261回:警告! 電気自動車も「ガラケー化」する?
2008年パリモーターショーでエコカー試乗会に供された「三菱i-MiEV」。
第261回:警告! 電気自動車も「ガラケー化」する?
2010年パリモーターショーに展示された「プジョー・イオン」。
第261回:警告! 電気自動車も「ガラケー化」する?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。