ロールス・ロイスの新ショールームがオープン

2012.09.06 自動車ニュース

ロールス・ロイスの新ショールームがオープン

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2012年9月6日、新ショールーム「ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京」を港区芝にオープンすると発表した。

今回オープンするショールームは、ロールス・ロイス正規販売代理店のコーンズ・モータースが運営。全世界のロールス・ロイス ショールーム共通のコンセプトに基づいて構成されたという店内は、313平方メートルの広さをもち、5台のロールス・ロイスが展示可能だ。
ショールームには、オーナーが自らの好みに合わせてオリジナルのロールス・ロイスを仕立てるオーダーシステム「ビスポーク」のための、「ビスポークラウンジ」と呼ばれるスペースが設けられ、ウッドやレザーなどのサンプルが用意されている。

オープンに際しては、ロールス・ロイス・モーター・カーズの英国本社より最高経営責任者(CEO)のトルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏が来日し、渡謙作コーンズ・モータース代表取締役社長らとテープカットを行った。
またオープニングセレモニーでは、日本文化と日本におけるビスポークの伝統を反映したという「ビスポーク着物ショー」が開催された。

エトヴェシュCEOは会見し、「ロールス・ロイスの100年続くクラフトマンシップは日本の伝統工芸と共通点が多くある。このショールームはビスポークのデザイナーや職人と顧客とを結びつける大使館的役割を担っている」と語った。

■ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京
住所:東京都港区芝2-7-17

(文と写真=工藤考浩)

「ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京」の店内。
「ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京」の店内。
テープカットに臨むコーンズ・モータース鴨下俊之取締役、渡謙作代表取締役社長、ロールス・ロイス・モーター・カーズ トルステン・ミュラー・エトヴェシュCEO、ジョリオ・ナッシュ セールス&マーケティング担当ディレクター(写真左から)。
テープカットに臨むコーンズ・モータース鴨下俊之取締役、渡謙作代表取締役社長、ロールス・ロイス・モーター・カーズ トルステン・ミュラー・エトヴェシュCEO、ジョリオ・ナッシュ セールス&マーケティング担当ディレクター(写真左から)。
会見するエトヴェシュCEO。
会見するエトヴェシュCEO。
ウッド、レザーなどのサンプルが並ぶ「ビスポークラウンジ」。
ウッド、レザーなどのサンプルが並ぶ「ビスポークラウンジ」。
ショールームには「ロールス・ロイス ゴースト」など3台が展示されていた。
ショールームには「ロールス・ロイス ゴースト」など3台が展示されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。