MINIに「GP」の名を持つ限定車【パリサロン2012】

2012.09.06 自動車ニュース

MINIに「GP」の名を持つスポーティーな限定車【パリサロン2012】

独BMWは2012年9月6日、「MINIジョンクーパーワークスGP」をパリモーターショー(会期:2012年9月27日〜10月14日)で展示すると発表した。2000台の限定車で、欧州では2012年内に発売する。

「MINIジョンクーパーワークスGP」は、MINIの量産モデルとしては最もスポーティーで速いモデルという位置付け。1.6リッター直4ターボエンジンは218ps/6000rpmと26.5kgm(オーバーブースト時:28.6kgm)/1750-5750rpmを発生し、0-100km/h加速を6.3秒でこなす。最高速は242km/h。ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースを8分23秒で周回したという。

ボディーカラーはグレー(サンダーグレーメタリック)で、ボンネット、フロントバンパー、ドアミラーなどに赤いアクセントが入る。ノーズ、サイドシル、ルーフエンドなどに迫力のある空力パーツが装着されるほか、MINIとしては初めてとなる調整式サスペンションを備えおり、車高を最大で20mm低められるようになっている。

(webCG 竹下)

「MINIジョンクーパーワークスGP」
「MINIジョンクーパーワークスGP」

MINIに「GP」の名を持つ限定車【パリサロン2012】の画像

MINIに「GP」の名を持つ限定車【パリサロン2012】の画像

MINIに「GP」の名を持つ限定車【パリサロン2012】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。