【スペック】全長×全幅×全高=4565×1810×1490mm/ホイールベース=2700mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5500rpm、30.6kgm/2250rpm)/価格=315万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌ エステートGT(FF/6MT)【試乗記】

希少な“本場の味” 2012.09.06 試乗記 ルノー・メガーヌ エステートGT(FF/6MT)
……315万円

「ルノー・メガーヌ」シリーズのスポーティーなワゴンモデル、「エステートGT」が日本上陸。その走りは? そして乗り心地は?

マニアックなワゴン

ボディーはステーションワゴンで、180psの2リッター直列4気筒ターボに6MTの組み合わせ、ハンドル位置は左ハンドルのみの設定で、サスペンションはルノー・スポールがチューニング……。
「ルノー・メガーヌ エステートGT」のスペックを知った時の第一印象は、みなさんと同じだ。「マニアックなやつ入れるなぁ」と思った。日本人の舌に合わせて味を変えたりしない、本場の味だ。

そういえばグルメ雑誌を読むと、本場の味をそのまま出すお店のポイントが高いという印象がある。たとえば「フランクフルトの屋台で食べたのと同じ味のソーセージ」とか、「韓国の家庭の食卓に並ぶオモニの味」とか。エンスーとグルメは、日本人の舌に合わせない本場の味が大好物だ。
で、オートマだとか右ハンドルだとか、日本人の好みに合わせることなく本場の味を貫いた「ルノー・メガーヌ エステートGT」に乗り込む。

フロントシートに腰掛けてインテリアを見まわすと、300万円超級のモデルにしては殺風景なことに気付く。メガーヌは実用車だからそれでまったく問題はないけれど、ピカピカ光らせて高く見せようという色気が感じられない。工夫らしい工夫はタコメーターの盤面を白くしたぐらいか。
けれどもよくよく見ると、手をかけることにはこだわっているのがわかる。

 

今回導入されたのは、ワゴン版「メガーヌ」の中でも最もスポーティーな「エステートGT」。ハンドル位置は左のみ。トランスミッションは6段MTに限定される。
今回導入されたのは、ワゴン版「メガーヌ」の中でも最もスポーティーな「エステートGT」。ハンドル位置は左のみ。トランスミッションは6段MTに限定される。
アルミホイールのサイズは18インチ。ハッチバック版の「メガーヌGT」より16mm大きな296mmのフロントブレーキディスクや、「メガーヌ ルノースポール」と同じマスターシリンダーが採用されている。
アルミホイールのサイズは18インチ。ハッチバック版の「メガーヌGT」より16mm大きな296mmのフロントブレーキディスクや、「メガーヌ ルノースポール」と同じマスターシリンダーが採用されている。
 
ルノー・メガーヌ エステートGT(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る