三菱が「アウトランダーPHEV」を公開【パリサロン2012】

2012.09.06 自動車ニュース

【パリサロン2012】三菱が「アウトランダーPHEV」を公開

三菱自動車は2012年9月27日に開幕するパリモーターショーで、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を公開する。2013年初めに国内で発売する予定。

「アウトランダーPHEV」は、2012年10月にフルモデルチェンジする新型「アウトランダー」をベースにした4WDのプラグインハイブリッド車。三菱が独自開発したEV(電気自動車)派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載し、前輪を2リッター直4ガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動する。61km/リッター以上の複合燃費(プラグイン走行時の燃費とハイブリッド走行時の燃費を複合した代表燃費値)と、880km以上の航続距離を目標とする。

用意される走行モードは3種類。リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力だけを使ってモーターで走行する「EV走行モード」、エンジンを発電専用として動かしながらモーター走行する「シリーズ走行モード」、エンジンの駆動力を主体に走行しながらモーターでアシストする「パラレル走行モード」があり、走行状況やバッテリー残量に応じて最適なモードが自動で選択されるようになっている。リチウムイオンバッテリーの総電力量は12kWh。EV走行モードのみで55km以上の走行が可能という。

2013年初めに国内市場に投入し、その後、欧州や北米などで順次発売する予定。

(webCG 竹下)

「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」 拡大
前輪をガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動。
前輪をガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動。 拡大
「プラグインハイブリッドEVシステム」のイメージ図
「プラグインハイブリッドEVシステム」のイメージ図 拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV三菱パリモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD) 2017.12.19 挑戦し続ける三菱アウトランダーPHEV<PR> 2017年にクルマづくり100周年を迎えた三菱自動車がこの秋、新しいブランドメッセージ「Drive your Ambition」を発表した。進化を続ける「アウトランダーPHEV」の試乗を通じて、このメッセージに込められた思いに触れてみる。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車3モデル登場 2018.7.6 自動車ニュース 「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」に3タイプの特別仕様車「フリースタイル」「フリースタイル プラス」「ヘイルウッド」が登場。ランドローバーのブランド誕生70周年を記念して企画されたもので、いずれも充実した装備が魅力となっている。
  • 初代“ワンテン”の(元)オーナーが語る
    「アルピーヌA110」の奥深き世界
    2018.6.27 デイリーコラム 長きにわたって初代“ワンテン”と生活を共にしていた元オーナーが、「アルピーヌA110」の奥深い世界を語る。後々に至るまでオーナーたちを苦しめた、独特の生産方式とは!?
ホームへ戻る