三菱が「アウトランダーPHEV」を公開【パリサロン2012】

2012.09.06 自動車ニュース

【パリサロン2012】三菱が「アウトランダーPHEV」を公開

三菱自動車は2012年9月27日に開幕するパリモーターショーで、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を公開する。2013年初めに国内で発売する予定。

「アウトランダーPHEV」は、2012年10月にフルモデルチェンジする新型「アウトランダー」をベースにした4WDのプラグインハイブリッド車。三菱が独自開発したEV(電気自動車)派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載し、前輪を2リッター直4ガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動する。61km/リッター以上の複合燃費(プラグイン走行時の燃費とハイブリッド走行時の燃費を複合した代表燃費値)と、880km以上の航続距離を目標とする。

用意される走行モードは3種類。リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力だけを使ってモーターで走行する「EV走行モード」、エンジンを発電専用として動かしながらモーター走行する「シリーズ走行モード」、エンジンの駆動力を主体に走行しながらモーターでアシストする「パラレル走行モード」があり、走行状況やバッテリー残量に応じて最適なモードが自動で選択されるようになっている。リチウムイオンバッテリーの総電力量は12kWh。EV走行モードのみで55km以上の走行が可能という。

2013年初めに国内市場に投入し、その後、欧州や北米などで順次発売する予定。

(webCG 竹下)

「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」
前輪をガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動。
前輪をガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動。
「プラグインハイブリッドEVシステム」のイメージ図
「プラグインハイブリッドEVシステム」のイメージ図

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 三菱が既存9車種の燃費不正について損害を賠償 2016.8.30 自動車ニュース 三菱自動車は2016年8月30日、同社が現在販売している「アウトランダーPHEV」「デリカD:5」など9車種を対象に、ユーザーに対して1台あたり3万円から10万円の損害賠償金を支払うと発表した。
ホームへ戻る