【スペック】フェアレディZ バージョンST:全長×全幅×全高=4260×1845×1315mm/ホイールベース=2550mm/車重=1540kg/駆動方式=FR/3.7リッターV型6気筒DOHC24バルブ(336ps/7000rpm、37.2kgm/5200rpm)/価格=441万円(テスト車=490万1400円/カーウイングスナビゲーションシステム+ETCユニット+ステアリングスイッチ+バックビューモニター=35万4900円/ボディーカラー<プレミアムサンフレアオレンジ>=13万6500円)

日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】

4年モノの味わい 2012.09.05 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
……490万1400円/568万8900円

日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。

待望のマイナーチェンジ(?)

クーペのデビューからもうすぐ4年というタイミングで、「フェアレディZ」のクーペ、そしてロードスターのマイナーチェンジが行われた。
クーペ登場翌年のロードスターの発表に合わせて、ナビゲーションシステムの改良やボディーカラーの追加などの小変更が加えられて以来だから、スポットライトを浴びるのは随分久しぶりである。

思えば先代「Z33型」は、ほぼ毎年のようにアップデートを繰り返すことで常に進化し続けたスポーツカーだった。これはモデルライフの後半、ほぼ放置に近い状況になってしまった先々代「Z32型」に対する反省を込めてのことだったという。

毎年のように新しくなるということは、ユーザーにとっては自分のクルマが毎年のように旧型になっていくことでもある。しかし、それがZ33型のオーナーをガッカリさせたかといえば答えは否。むしろ逆である。一度世に出したらあとはほったらかしというのではなく、メーカーがずっとそのクルマを気にかけてくれる。それはユーザーにとってはうれしい話だったのだ。
仮に自分のクルマが前の世代になったとしても、自分がその歴史の一部になることは誇りとなる。そんなメーカーとユーザーの良い関係が、Z33ではできていたといっていいはずだ。

それだけにZのファンからしてみれば、今回のマイナーチェンジは待望のものだったに違いない。では、気になるその変更点は?

「バージョンST」のインテリアはクーペとロードスターで違いはない。本革巻きのステアリングホイール、シフトノブ、パーキングブレーキレバーのほか、AT仕様にはパドルシフトが装備される。
「バージョンST」のインテリアはクーペとロードスターで違いはない。本革巻きのステアリングホイール、シフトノブ、パーキングブレーキレバーのほか、AT仕様にはパドルシフトが装備される。
ロードスターには、エアコンディショニングシートが備わる。ネット部分に冷暖房の風が送られ、オープン時も快適な走行ができる。シートカラーはボルドー、ブラック(写真)、グレーの3色が用意される。
ロードスターには、エアコンディショニングシートが備わる。ネット部分に冷暖房の風が送られ、オープン時も快適な走行ができる。シートカラーはボルドー、ブラック(写真)、グレーの3色が用意される。
新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」と「ダークブルー」。
新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」と「ダークブルー」。
 
日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る