【スペック】フェアレディZ バージョンST:全長×全幅×全高=4260×1845×1315mm/ホイールベース=2550mm/車重=1540kg/駆動方式=FR/3.7リッターV型6気筒DOHC24バルブ(336ps/7000rpm、37.2kgm/5200rpm)/価格=441万円(テスト車=490万1400円/カーウイングスナビゲーションシステム+ETCユニット+ステアリングスイッチ+バックビューモニター=35万4900円/ボディーカラー<プレミアムサンフレアオレンジ>=13万6500円)

日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】

4年モノの味わい 2012.09.05 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
……490万1400円/568万8900円

日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。

待望のマイナーチェンジ(?)

クーペのデビューからもうすぐ4年というタイミングで、「フェアレディZ」のクーペ、そしてロードスターのマイナーチェンジが行われた。
クーペ登場翌年のロードスターの発表に合わせて、ナビゲーションシステムの改良やボディーカラーの追加などの小変更が加えられて以来だから、スポットライトを浴びるのは随分久しぶりである。

思えば先代「Z33型」は、ほぼ毎年のようにアップデートを繰り返すことで常に進化し続けたスポーツカーだった。これはモデルライフの後半、ほぼ放置に近い状況になってしまった先々代「Z32型」に対する反省を込めてのことだったという。

毎年のように新しくなるということは、ユーザーにとっては自分のクルマが毎年のように旧型になっていくことでもある。しかし、それがZ33型のオーナーをガッカリさせたかといえば答えは否。むしろ逆である。一度世に出したらあとはほったらかしというのではなく、メーカーがずっとそのクルマを気にかけてくれる。それはユーザーにとってはうれしい話だったのだ。
仮に自分のクルマが前の世代になったとしても、自分がその歴史の一部になることは誇りとなる。そんなメーカーとユーザーの良い関係が、Z33ではできていたといっていいはずだ。

それだけにZのファンからしてみれば、今回のマイナーチェンジは待望のものだったに違いない。では、気になるその変更点は?

「バージョンST」のインテリアはクーペとロードスターで違いはない。本革巻きのステアリングホイール、シフトノブ、パーキングブレーキレバーのほか、AT仕様にはパドルシフトが装備される。
「バージョンST」のインテリアはクーペとロードスターで違いはない。本革巻きのステアリングホイール、シフトノブ、パーキングブレーキレバーのほか、AT仕様にはパドルシフトが装備される。
ロードスターには、エアコンディショニングシートが備わる。ネット部分に冷暖房の風が送られ、オープン時も快適な走行ができる。シートカラーはボルドー、ブラック(写真)、グレーの3色が用意される。
ロードスターには、エアコンディショニングシートが備わる。ネット部分に冷暖房の風が送られ、オープン時も快適な走行ができる。シートカラーはボルドー、ブラック(写真)、グレーの3色が用意される。
新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」と「ダークブルー」。
新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」と「ダークブルー」。
 
日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 第403回:神は細部に宿る
    「日産ノートe-POWER」に“技術の日産”の神髄を見た
    2017.4.15 エディターから一言 不利と言われたシリーズ式ハイブリッドで、クラストップレベルの燃費性能を実現! 高い環境性能と他のモデルとは一線を画すドライブフィールをかなえた「日産ノートe-POWER」は、どのようにして誕生したのか? 開発者にエピソードを聞いた。
ホームへ戻る